免疫のしくみ 免疫最前線「腸管での免疫のしくみ」

免疫とは、異物の侵入を阻止し、自己と非自己を見分け、
異物を排除するしくみですが、私たちは毎日異物である
食品を摂取しています。
これらは排除されず腸管から吸収され、栄養として
エネルギーとして使用されます。
一方、食べ物・飲み物の中にも、異物である細菌・ウィルス
などが少なからず混入していますが、これらは先にお話した
粘膜のバリアが働き吸収されず排除されます。
このように腸管の免疫は、からだに必要な異物(食べ物)は吸収し、
害になる異物は排除するという相反する働きがあるのです。

(腸管免疫のカラクリ)
この不思議なしくみがどのようになっているのかをお話しします。
腸管で働くリンパ球(Tリンパ球・Bリンパ球)は特別な仕事をします。
Tリンパ球は、体に必要なものには免疫が働かないようにコントロール
しているのです。このTリンパ球は腸管で分化しているのです。
Bリンパ球は、Tリンパ球の指示により、害になる異物に対して粘膜上
で働く抗体(S-IgA)を作っているのです。この免疫のしくみが先にお話し
した粘膜の免疫の基礎になっているのです。
腸管で働く白血球はもう一つ重要な仕事があります。
それは粘膜での自己の変異細胞(老化細胞、ウィルス感染細胞、がん細胞
など)の処理です。
この仕事を担当しているのは、Tリンパ球、NK細胞です。このように
腸管免疫は、食べ物の吸収、粘膜を襲う外敵の処理、粘膜での自己変異
細胞処理など、生きていく上で基本的な働きを持った仕組みなのです。

腸管免疫が正しくはたらかなくなると・・・
腸管の免疫が正常に働かなくなると、食中毒、腸炎、消化性潰瘍、
大腸ポリープなどの消化器の病気の危険が増加するばかりではなく、
粘膜の免疫力が低下し、風邪などの感染症にかかりやすくなります。
また食べ物に対して免疫が働けば、食物アレルギーの原因にもなります。
腸管免疫を正常に働かせるためには、腸内細菌が重要な働きをします。
善玉菌と言われる乳酸菌(ビフイズス菌など)を増やすことが大切です。
また便秘は腸管の免疫力を低下させます。
種々の異物に曝される腸管はからだを守る大切な場所であり、腸管の
働きを正常に保つことこそ健康の源といえます。

お問い合わせ
電話・FAXでのお問い合わせ
 078-371-4193
受付時間 月〜水・金9:00〜18:00/土9:00〜15:00
メールでのお問い合わせ
お問い合わせフォーム
ご来店予約
電話・FAXでのお問い合わせ
 078-371-4193
受付時間 月〜水・金9:00〜18:00/土9:00〜15:00
オンラインでのご予約
ご予約フォーム