慢性関節リウマチの分かりやすい解説 3 -検査、経過と予後-

★☆★  解説3  ★☆★

[1] 検査

●赤沈値

ほとんど全例で20mm/1時間以上の上昇がみられる。

●CRP

リウマチ活動性の強さに伴い、陽性度が強くなる。
赤沈値とほぼ平行する。

●貧血

中等度の貧血がみられます。血清鉄と鉄結合能が減少する。

●血漿成分

IgM IgG IgAの全てに上昇がみられる。
アルブミンは減少する。

●リウマトイド因子

RAテストで70%が陽性となる。
発症初期では陰性のことが多い。
通常のRAテストで検出されるリウマチド因子は
IgM-グロブリンです。

●X線像

骨、関節の変化は発症初期には明らかでない。
進展すると、骨ポローシス(粗しょう症)、骨びらん(骨融解性病変)
破壊、強直、変形などがおこる。

●抗シトルリン化環状ペプチド抗体 (抗CCP抗体)

リウマトイド因子はRAに特異的ではない。

 

[2] 経過・予後

10年~15年の経過をみると、完全寛解する患者は少なく、
多くの例は進行性である。
寛解する例の多くは発病後2年以内に治癒する。

一般的に男性は女性より軽く、リウマトイド因子高値例は悪い。
関節症状として血管炎がみられるときは、予後が非常に悪い。

生活機能障害の程度で見ると、

class Ⅰ 日常の全ての動作は可能                    15%

class Ⅱ 多少の運動制限はあるが、全ての動作は可能          40%

class Ⅲ 日常動作すべて高度に障害される                 30%

class Ⅳ 身の回りのことができず、寝たきり、ないし車椅子の生活     15%

お問い合わせ
電話・FAXでのお問い合わせ
 078-371-4193
受付時間 月〜水・金9:00〜18:00/土9:00〜15:00
メールでのお問い合わせ
お問い合わせフォーム
ご来店予約
電話・FAXでのお問い合わせ
 078-371-4193
受付時間 月〜水・金9:00〜18:00/土9:00〜15:00
オンラインでのご予約
ご予約フォーム