Q16. 口内炎が何度もできてしみる。同時に排尿時に陰部がしみる (52才 女性)

 
=================================

Q16. 口内炎が何度もできてしみる。同時に排尿時に陰部がしみる。

=================================

******************************************************************

 口内炎ができやすく、塩辛いものを食べるとしみて、
 ごはんを食べるのが辛いです。
 しばらくすると消えるのですが、すぐに再発します。
 また、尿のときに外陰部がしみます。
 受診が嫌で、そのまま様子をみています。
 何かの病気でしょうか?

                          52才 女性

******************************************************************

  A.16

  口内炎はだれにもできやすい炎症ですが、ご飯を食べるのが
  辛いのは重症です。
  深い傷になっているのでしょう。
  もう一つ気になる症状が、排尿時にしみること。
  おそらく、口内炎と同じような潰瘍が陰部にもできている
  可能性が考えられます。
  
  この二つの事から考えると、膠原病に近い病気のベーチェット病
  の疑いが考えられます。

  症状の特徴は、口内炎、陰部潰瘍、発疹、目の虹彩毛様体炎や
  ブドウ膜炎などができると失明の危険性もあります。
  さらに、腸管に炎症を起こしたりする病気です。

  抗炎症薬やステロイドホルモン剤、免疫抑制剤などを使用して
  治療されています。

  再発しやすい病気なので、内科で診察を受けられる事が
  良いでしょう。

  漢方では、慢性に経過する難治性疾患のため、
  通導散(つうどうさん)加桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)、
  きゅう帰調血飲(きゅうきちょうけついん)などを使用します。
  体質改善に温清飲(うんせいいん)
も使用します。
    
=================================

 

お問い合わせ
電話・FAXでのお問い合わせ
 078-371-4193
受付時間 月〜水・金9:00〜18:00/土9:00〜15:00
メールでのお問い合わせ
お問い合わせフォーム
ご来店予約
電話・FAXでのお問い合わせ
 078-371-4193
受付時間 月〜水・金9:00〜18:00/土9:00〜15:00
オンラインでのご予約
ご予約フォーム