更年期障害と甲状腺疾患 ① -更年期障害の症状-

40~50代女性から体の不調を訴える相談が増えています。

男女雇用均等法以降女性の社会進出が増え、ちょうど管理職や
責任ある立場になってからの激務によって、体調不良が増えている
ように思います。
相談では、ほてりやのぼせ、頭痛、めまい、肩こりといった症状に
疲労感や倦怠感、無気力感や不安・イライラなど心の症状を訴え
られることが多いです。

更年期とは閉経を挟んだ前後約10年間を指します。
閉経の平均年齢は、約50歳なので45歳~50歳程度。
卵巣の機能が低下して、女性ホルモンのエストロゲンの分泌が
急激に減ります。この時期に現れる症状で日常生活に支障が出る
状態を更年期障害と呼ばれています。

エストロゲンは妊娠・出産に必要なだけでなく、感情や精神の安定
皮膚や粘膜の潤いなど全身に影響を及ぼします。動脈硬化の予防、
記憶・認知の働きを助けるといった作用もあります。
更年期障害といっても、症状はさまざまです。

ほてり・のぼせ・発汗
頭痛・吐き気・耳鳴り・肩こり・不眠・動悸・息切れ
不安感・イライラ感・疲労感
下痢・便秘・腰痛・関節痛・手や指のこわばり・皮膚の乾燥・かゆみ

お問い合わせ
電話・FAXでのお問い合わせ
 078-371-4193
受付時間 月〜水・金9:00〜18:00/土9:00〜15:00
メールでのお問い合わせ
お問い合わせフォーム
ご来店予約
電話・FAXでのお問い合わせ
 078-371-4193
受付時間 月〜水・金9:00〜18:00/土9:00〜15:00
オンラインでのご予約
ご予約フォーム