がん化の流れ -がんを引き起こす要因-

ガンは、ガン遺伝子による遺伝病といわれる。

また発ガン物質によって引き起こされると考えられている。

原因は、ウィルス・ダイオキシン・タバコ・農薬・紫外線など様々な

環境因子が関与している。

しかし、患者様と話しをしていると皆様驚くべきストレスに晒されている

ことがわかる。

10人中8~9人は、2~3年前に強いストレスを受けておられる。

この長期間の交感神経緊張状態を改善しないかぎり、

ガンは良くならないし再発も十分にありえる。

発ガンは、激しいストレスによる再生上皮の破壊と免疫抑制によってもたらせ、

リンパ球レベルは30%以下、宣告後は20%レベルまで低下する。

少しでも副交感神経支配であるリンパ球(NK細胞、T細胞、B細胞など)

を活性化して、ガン細胞に対する免疫力を増強させましょう。

ガン化の流れ

働き過ぎ・まじめな性格→→ 血流障害→→  1上皮再生の促進
大酒飲み・心の悩み      顆粒球増多    2免疫抑制     →→  癌化

障害性T細胞減少
NK細胞の機能ブロック

お問い合わせ
電話・FAXでのお問い合わせ
 078-371-4193
受付時間 月〜水・金9:00〜18:00/土9:00〜15:00
メールでのお問い合わせ
お問い合わせフォーム
ご来店予約
電話・FAXでのお問い合わせ
 078-371-4193
受付時間 月〜水・金9:00〜18:00/土9:00〜15:00
オンラインでのご予約
ご予約フォーム