がんになったら -改善ポイントと改善方法-

改善ポイント

①生活パターンを見直す(働き過ぎ・心の悩みを除く)

②ガンの恐怖から逃れる(自然退縮がある)

③消耗する治療は続けない(抗ガン剤・放射線・大手術)

④副交感神経を優位にして免疫能を高める(食事・軽い運動・入浴・漢方)

改善方法

①循環をよくする(軽い体操・入浴・笑う事。鍼灸・漢方薬・呼吸法)

②消化機能をよくする(食欲を増し、便秘を改善。発酵食品・キノコ・海藻)

③尿をよく出す(排泄系をよくする。アルカリイオン水)

以上のような副交感神経を活性化する毎日を過ごしましょう。

「ガン自体が生体防御反応の1つである」という弘前大学医学部生化学の

佐藤公彦先生の考え方

ガンは、激しい交感神経緊張状態によって産生された体内毒素を排除しようとする。

よって交感神経の緊張を止めるとガンそのものの存在意義がなくなり

ガン自然退縮を行う。

なぜガン細胞が毒物を排除できるのであろうか。

その理由は、ガン細胞は増殖能力も高いがアポトーシスで死ぬ力も強いからであろう。

医療が病いをつくる 岩波書店    新潟大学大学院教授 安保 徹先生より

お問い合わせ
電話・FAXでのお問い合わせ
 078-371-4193
受付時間 月〜水・金9:00〜18:00/土9:00〜15:00
メールでのお問い合わせ
お問い合わせフォーム
ご来店予約
電話・FAXでのお問い合わせ
 078-371-4193
受付時間 月〜水・金9:00〜18:00/土9:00〜15:00
オンラインでのご予約
ご予約フォーム