神戸で漢方相談。がん・アレルギー・不眠症・甲状腺疾患(橋本病 バセドウ)、膠原病、リウマチ、クローン病などの自己免疫疾患の漢方薬や牛黄の相談販売している漢方薬局。

兵庫県神戸市中央区 薬局 漢方薬 アトピー性皮膚炎 リウマチ 糖尿病 漢方薬局けんこう屋 HOME

兵庫県神戸市中央区 薬局 漢方薬 アトピー性皮膚炎 リウマチ 糖尿病 漢方薬局けんこう屋 漢方治療と予防医学
お血(おけつ)とは?
難病を克服するために
がん 癌
慢性関節リウマチ・膠原病
子宮筋腫・子宮内膜症・     卵巣のう腫
アトピー性皮膚炎

兵庫県神戸市中央区 薬局 漢方薬 アトピー性皮膚炎 リウマチ 糖尿病 漢方薬局けんこう屋 CONTACT
[お問い合わせ]・[問診表]
漢方相談
漢方相談Q&A
知っておきたい漢方薬
漢方コラム&けんこう通信

兵庫県神戸市中央区 薬局 漢方薬 アトピー性皮膚炎 リウマチ 糖尿病 漢方薬局けんこう屋 SHOPPING
生薬★薬能と薬効・薬理
山本漢方医学と一貫堂

兵庫県神戸市中央区 薬局 漢方薬 アトピー性皮膚炎 リウマチ 糖尿病 漢方薬局けんこう屋 INFORMATION
漢方薬の驚異 目次
漢方薬の驚異         第1回〜第110回
リンク集
ご挨拶
店舗概要

兵庫県神戸市中央区 薬局 漢方薬 アトピー性皮膚炎 リウマチ 糖尿病 漢方薬局けんこう屋 BANNER

兵庫県神戸市中央区 薬局 漢方薬 アトピー性皮膚炎 リウマチ 糖尿病 漢方薬局けんこう屋

目次 ★上の検索エンジンで気になる番号、症状、漢方薬名を調べて下さい。★

=================================


=================================

1.一貫堂医学について


一貫堂医学は、森道伯先生(1867〜1931)が創始した一貫堂流後世派である。

曲直瀬流後世派をそのまま継承するものでなく、異質の医学体系を有する流派である。
人の体質を三大証(お血証・臓毒証・解毒証)に分類し、通導散・防風通聖散・
柴胡清肝湯・荊芥連翹湯・竜胆瀉肝湯の五処方を運用して体質改善を行った。

同流派は、この五処方を初め曲直瀬流の処方を頻用したため後世派の後継と
見なされた。現代の難病・慢性疾患・生活習慣病の治療・メタボ体質改善や
予防に応用できる、極めて有効で実践的漢方医学である。

一貫堂医学の歴史と処方解説並びに森道伯先生の直弟子・矢数格先生から
薫陶を受けられた漢方舎・中島紀一先生の一貫堂医学、第三医学創始者・
山本巖先生の一貫堂医学について解説し、山本漢方医学の考察を行う。

●● 一貫堂医学の三大体質について ●●

■解毒証体質
結核にかかりやすい体質

■お血(オケツ)証体質
癌や慢性疾患にかかりやすい体質

■臓毒証体質
中風や糖尿など生活習慣病・
メタボにかかりやすい体質
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

○● 解毒証体質について ●○

扁桃腺炎・中耳炎・蓄膿症を同一の病気とした。
腺病質と考え、解毒薬を用いた。

四物黄連解毒湯(四物湯合黄連解毒湯)を
ベースにした処方で体質改善

幼年期・・・・・柴胡清肝湯・・・扁桃腺炎、中耳炎など
青年期・・・・・荊芥連翹湯・・・蓄膿症、肋膜炎
青年期以降・・・竜胆瀉肝湯・・・下焦の疾患、膀胱炎

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

○● お血(オケツ)証体質について ●○

「万病回春」折傷門に記載されている、

通導散  クラッシュ症候群、むち打ち、打撲  捻挫

きゅう帰調血飲第一加減  産後の聖薬

治打撲一方、桂枝茯苓丸

駆お血薬+大黄+桃仁+牡丹皮

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

○● 臓毒証体質について ○●
表裏、三焦の実熱で発表攻裏の清熱剤

体内に充満している病毒を皮膚表面から発表し、
腸管から攻め下し、解熱し、
また、利尿によって水毒を排泄しさらに発表、
攻下が過ぎないように中和させるよう注意が
されている。

■■防風通聖散 「宣明論」(中風門)■■

●攻下・・・大黄・芒硝・甘草・・・・・・・・・・・・・便  (調胃承気湯)
●発表・・・麻黄・防風・荊芥・・・・・・・・・・・・・発汗
●清熱・・・黄ごん・山梔子・石膏・滑石・・・・・・・・・解熱
●解毒・・・連翹・桔梗・荊芥・防風・川きゅう・・・・・・・解毒、排毒
●利尿・・・白朮・滑石・・・・・・・・・・・・・・・・尿
●中和・・・当帰・芍薬・川きゅう・白朮・薄荷・・・・・・・緩和   

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

2.中島紀一 (随象:ずいしょう) 先生の一貫堂医学ついて
中島漢方舎の一貫堂

● 中島紀一先生

矢数格先生に一貫堂医学、明石藩御典医の柳川杏窓先生に古方の薫陶を受ける。

一貫堂処方を多く運用されたが、古方の弁証論治に基いた中島流一貫堂であった。

●中島流漢方の大綱

  「病は邪である。その治療は瀉法である。」

  「補は正気を補うもの、直接病邪を除くものではない。
   正気を補い、正気を充実すれば病邪を制することができる。」

  「諸悪の根源は、血である。血というものを重視せよ。
   病百のうち百までは血で解決する。」

●血圧測定による弁証論治

・最低血圧が高いときは、通導散を使え。

・最低血圧が低下する場合は、竜胆瀉肝湯、黄連解毒湯を用いる。

・最高も最低も、ともに低いときは、きゅう帰調血飲の加減を用いる。

・最高血圧が140〜130と低くても、最低血圧が100mmHg以上であれば通導散を用いる。

・最低血圧が高いときは性器・腸出血あっても止血剤を用いず、通導散でお血を除くべきだ。  

●中島先生の癌療法

・中島先生は、「癌に対して通導散を使え」と遺言された。

・子宮癌に通導散と防風通聖散の合方

・舌癌に竜胆瀉肝湯あるいは防風通聖散加白し・きょう活・柴胡・升麻

・乳癌に荊防敗毒散加黄連、大黄あるいは、防風通聖散合方     

・通導散は癌に対してある程度の効果はある。

・癌の痛みに対しても効果がある。(主薬は蘇木)

・末期の痛みに、早い時期より服用すると痛みを訴えない。     

3.物質代謝面から見た体質分類
■■物質代謝面からみた体質分類■■

@胃腸の働き弱く消化吸収から同化作用が悪い体質の者

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

気虚の体質になり、四君子湯類や補中益気湯の類である。
   また防風通聖散で異化作用を促進し、同化作用を喚起する方法をとることもある。


A同化作用は非常に良いが中年から異化作用が衰えて、脂肪沈着や
中間代謝物の排泄が充分でなく生活習慣病・メタボになる   

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

臓毒体質で防風通聖散


B子供の頃からエネルギー代謝が亢進しいくら食べても太ることのない。
 ゛七儲けの八使い゛で陰虚 解毒体質
   中耳炎・扁桃腺炎・蓄膿症・結核に罹患しやすい。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 
          
解毒体質で柴胡清肝湯、荊芥連翹湯、竜胆瀉肝湯
 

4. 山本漢方医学と一貫堂

●通導散・・・・・悪性腫瘍、打撲・外傷

●防風通聖散・・・脳血管障害、代謝異常症、めまい

●竜胆瀉肝湯・・・泌尿器疾患、肝胆疾患

●荊芥連翹湯・・・蓄膿症、ざ瘡

●柴胡清肝湯・・・慢性化膿性中耳炎、慢性扁桃腺炎、小児疾患

●きゅう帰調血飲第一加減・・・リウマチ、潰瘍性大腸炎、子宮内膜症、
                   月経困難症


COPYRIGHT(C)2015  漢方薬局けんこう屋 ALL RIGHTS RESERVED.