うつ病は国民的課題 -副作用の少ない漢方薬の併用も-

新聞報道にもありましたが、先日(5/22)日本精神神経学会などの 4学会の理事長が、 「うつ病を国民的課題として啓発に取り組むべきである」という 提言をまとめました。

「うつ病」などの精神疾患が、「がん」や「心臓疾患」と並ぶ 三大疾患として先進諸国で最優先課題になっている点が重要視されています。

昨年の厚生労働省発表では、うつ病患者は100万人を越え、 治療の長引く人や若年化傾向も指摘されています。

また、自殺者は3万人を越えています。

社会環境の悪化に伴い自殺や長期休務が社会問題化しており、 心や環境のケアを含めた対策が急務と思います。

「うつ病」は、「がん」についで重大な社会的損失をもたらす 国民病です。

 

千葉大学の精神科医清水英司教授は、 「運動には脳を刺激して、意欲を増す可能性あり」と言われて います。

英国では、軽症のうつ病患者にまず運動・カウンセリングなどを勧めるそうです。

大量の薬づけ医療の弊害は、注意を要する点と考えます。

 

漢方薬のなかには、軽症の精神神経疾患に良いものがあります。

柴胡(さいこ)、芍薬(しゃくやく)という生薬は、イライラ・緊張を 和らげ、精神を安定化させてくれる薬です。

また、香附子(こうぶし)、紫蘇葉(しそよう)[梅干に入っている 紫蘇の葉]などの組み合わせは、 抗うつ作用があり、感情の抑うつ、精神的緊張を緩めてくれます。

使用する漢方薬は、 四逆散、加味逍遥散、柴胡竜骨牡蛎湯、荊芥連翹湯、 半夏厚朴湯、香蘇散、抑肝散加半夏陳皮などの処方を、体質や症状に合わせます。

 

また漢方的な病態の把握では、うつ病になりやすい体質というものがあります。

時間はかかりますが、このような方は体質改善も必要と思います。

依存性がなく、副作用の少ない漢方生薬を組み合わせて、 神経症状を取る方法があります。 ご相談下さい。

*******************************************

神戸市中央区で漢方薬の相談薬局。

がん、アトピー、子宮内膜症、自己免疫疾患、リウマチなど

食養生も大切にしている 『漢方薬局けんこう屋』にお問い合わせ下さい。

http://www.e-kenkouya.com/

【天寿を生き、心身ともに健やかな人生をあなたに・・・】

********************************************

お問い合わせ
電話・FAXでのお問い合わせ
 078-371-4193
受付時間 月〜水・金9:00〜18:00/土9:00〜15:00
メールでのお問い合わせ
お問い合わせフォーム
ご来店予約
電話・FAXでのお問い合わせ
 078-371-4193
受付時間 月〜水・金9:00〜18:00/土9:00〜15:00
オンラインでのご予約
ご予約フォーム