みかんの食べ方 -白いスジにポリフェノールが-

最近、みかんが売れないそうです。

特に、若い人は食べないそうです。

理由を調べたら、 まず家でコタツを使う人が減って、コタツでみかんを食べる人が激減。

もう1つの理由は女性に多いのですが、爪が汚れるから。 ネイルアートしている方は絶対食べないとのこと。

あと、皮をむくのが面倒くさいから。

日本の生活習慣や食生活が変わってるんですね~

昔は手が黄色くなるまで食べましたが・・・

 

そこで、みかんをもっと売りたい人が現れました。

みかんをむいて、発売したらええやんと言う事で その名は・・・・     

「むかん」 始めは、冗談かと思いましたが、本当にありました。     

「冷凍むかん」 初めから皮をむいた冷凍むかん。

ちょっとコレ、笑いました。

 

みかんの白いスジ、外側の皮には、ヘスペリジンが含まれています。

みかんの実の部分よりも皮や袋、スジに多く含まれています。

みかんの皮は食べられませんが、袋やスジは実と一緒に食べた方が ヘスペリジン(ビタミンP)をしっかりと摂取することができます。

ヘスペリジンは柑橘類に多く含まれ、従来から健康維持のための 重要な栄養素として知られています。

具体的には毛細血管の強化、血中コレステロール値の改善効果、 血流改善効果があります。

つまり、みかんは血管力を高める果物なんですね。

みかんの皮は、漢方では陳皮(ちんぴ)といって昔から利用されています。

先人の知恵には、驚かされます。

ヘスペリジン(ビタミンP)は、ポリフェノールの一種で、この陳皮の 主成分です。

お問い合わせ
電話・FAXでのお問い合わせ
 078-371-4193
受付時間 月〜水・金9:00〜18:00/土9:00〜15:00
メールでのお問い合わせ
お問い合わせフォーム
ご来店予約
電話・FAXでのお問い合わせ
 078-371-4193
受付時間 月〜水・金9:00〜18:00/土9:00〜15:00
オンラインでのご予約
ご予約フォーム