桜の木の皮を使った漢方薬 -十味敗毒湯-

28.7:500:333:0:0:2013410:center:1:1::0:

今年の冬は寒かったので、とても綺麗な桜の花が
咲きました。
例年より開花が早く、4月初めの春の嵐であっと いう間に葉桜になりました。
桜は花王と称され、昔は花といえば、桜を指した ようです。

実は、この桜の木の皮を使った十味敗毒湯 (じゅうみはいどくとう)という漢方薬があります。
十味敗毒湯は、江戸時代の後期の名医 華岡青洲(世界で初めて全身麻酔を

用いて 乳がん手術を成功させた外科医)が作ったと されている

日本オリジナル処方です。

有吉佐和子さんの小説「華岡青洲の妻」で ご存知の方も多いと思います。

私も、以前 青洲先生の里・和歌山県紀の川市名手を 訪れた事があります。

コラム参照 医聖 華岡青洲先生の里 
(きぐすり.com)
 

十味敗毒湯は名前の通り、十種類の生薬で 構成されており

『1つの目のグループは、 皮膚の炎症や毒素を去る消炎・解毒作用により、
化膿改善作用のグループ。』

桜の樹皮部分の桜皮( おうひ ) 柴胡(さいこ )  桔梗( ききょう) 甘草( かんぞう )。

『2つ目は、血管拡張し、血行を良くする作用。
発汗・発散作用を強めて皮膚をきれいにして、 痒みを取るグループです。』

防風( ぼうふう ) 荊芥( けいがい ) 独活 ( どっかつ ) 川芎( せんきゅう )

他に利水・皮膚分泌物の除去作用の茯苓( ぶくりょう )、
発散補助、消化促進作用の生姜( しょうきょう )が含まれています。

薬の作用としては、ニキビ、化膿性疾患、アトピー、じんましん、

湿疹、水虫などを治す作用があります。

桜の木に関して、「桜切る馬鹿、梅切らぬ馬鹿」といわれています。

桜を勝手に切ると、そこから腐って枯れることがあります。
呉々も勝手に桜の木や皮を切り取らないようにお願いします。

(注: 上の画像の花は、芍薬です。)
*******************************************
神戸市中央区で漢方薬の相談薬局。
がん、アトピー、子宮内膜症、自己免疫疾患、リウマチなど

食養生も大切にしている
『漢方薬局けんこう屋』にお問い合わせ下さい。

http://www.e-kenkouya.com/リンク リンク
【天寿を生き、心身ともに健やかな人生をあなたに・・・】
********************************************

お問い合わせ
電話・FAXでのお問い合わせ
 078-371-4193
受付時間 月〜水・金9:00〜18:00/土9:00〜15:00
メールでのお問い合わせ
お問い合わせフォーム
ご来店予約
電話・FAXでのお問い合わせ
 078-371-4193
受付時間 月〜水・金9:00〜18:00/土9:00〜15:00
オンラインでのご予約
ご予約フォーム