知って得する漢方の豆知識~花粉症 ① -くしゃみ、鼻水、鼻づまりに-

花粉症の症状は、くしゃみや鼻水がひどいタイプ、 鼻詰まりがひどいタイプ、両方ともひどいタイプなどに分けられ、 症状の程度も個人によって色々です。

花粉症の代表的漢方薬は、小青龍湯(しょうせいりゅうとう)が よく知られています。

しかし、この漢方で花粉症のすべての症状には対応できません。 それぞれの症状によって、漢方薬の使い分けも大切です。

一般の病院で、 「小青龍湯をずっと出してもらって、服用していますが なかなか鼻の症状が改善されません。」 と言われる方もいます。

小青龍湯は、主に寒証といって体が冷えやすく、鼻水もサラサラ の方に良い漢方薬です。

 

次に、鼻が詰まってくる場合は、 葛根湯加辛夷川きゅう(かっこんとうかしんいせんきゅう)辛夷清肺湯(しんいせいはいとう)などの処方を使用します。

 

また、のどが赤く腫れたりする人は、 荊芥連翹湯(けいがいれんぎょうとう)などを使用する場合もあります。

 

新薬は、眠気や口の渇きなどの副作用があります。 眠気などの副作用が強く出やすいため、特に乗り物の運転や 機械操作などには注意が必要です。

漢方薬の場合は全く眠くならないので、お仕事中の方や受験生 には大変喜ばれています。

20年ぐらい前と比べて小青龍湯では、効きにくい重症タイプの 花粉症が増えているように感じます。

その際は、個人ごとに体質、病態に対応した処方を使います。   つづく

お問い合わせ
電話・FAXでのお問い合わせ
 078-371-4193
受付時間 月〜水・金9:00〜18:00/土9:00〜15:00
メールでのお問い合わせ
お問い合わせフォーム
ご来店予約
電話・FAXでのお問い合わせ
 078-371-4193
受付時間 月〜水・金9:00〜18:00/土9:00〜15:00
オンラインでのご予約
ご予約フォーム