これからの日本の医療

newyear_c94

明けましておめでとうございます。
年末寒波から新年は少し暖かな正月となりました。
風邪も流行しています。冬休みが9連休の方もおられたようです。
体調に気をつけて、元気にお過ごしください。

新年にあたって、今の日本の医療について考えてみたいと思います。
日本の国家予算は約96兆円、そのうち医療費が41兆円と全予算の
約40パーセントです。
今後さらに少子高齢化やがん治療などの高額な最新免疫療法などが
増加すると、今の保険制度は破産です。
いや、もう破綻していると思っても良いと思います。

御存知のようにアメリカは、国民皆保険ではありません。
人口3億2千万のうち保険に加入している人は、約15パーセントの
5千万人。

その他の方は病気になってもすぐに病院にかかれないので、健康に
関心のある人が増えているそうです。一方、保険に入っている人も、
加入中に頭痛、風邪、腹痛など軽症な病気で医師の診察を受けても、
5年後に見直されて更新時に保険料が上昇します。

全く病院へ行かなかった人の保険料は据え置きになるそうです。
こんな制度ですから保険に入ってる人も、入っていない人も、
自分の健康に関して用心せざるを得ません。

昔、日本でも保険のない時代は、養生の大切さが言われていました。


上工は、未病を治すと言う言葉をご存知でしょうか?

古代中国では、医師のことを工と呼び、医工とも呼んでいました。
病気になる前に病気にならないようにする医者が最も優れた医者である
と言う意味で、「上工は未病を治す」と言われていたのです。

これからの時代は、国民皆保険の負担も増え予防医学がとても重要な
医療になると思います。今後は医師に病気のすべてを丸投げでなく、
自分の体は自らが責任を持つ事が益々大切な時代になって来ると思います。

健康を維持するために自分自身で努力するということは
「セルフメディケーション」と呼ばれています。

世界保健機構WHOでは、セルフメディケーションのことを
「自分自身の健康に責任を持ち軽度な身体の不調は自分で手当てすること」
と定義しています。

日々の食生活や生活習慣の大切さを、今年も発信させていただきます。
5月から新元号となり、新しい年となります。

皆々様のご健康とご多幸をお祈りします。   

*******************************************

神戸市中央区で漢方薬の相談薬局。

がん、自己免疫疾患、リウマチ、潰瘍性大腸炎など

食養生も大切にしている
『漢方薬局けんこう屋』にお問い合わせ下さい。

【天寿を生き、心身ともに健やかな人生をあなたに・・・】

********************************************

                        

 

お問い合わせ
電話・FAXでのお問い合わせ
 078-371-4193
受付時間 月〜水・金9:00〜18:00/土9:00〜15:00
メールでのお問い合わせ
お問い合わせフォーム
ご来店予約
電話・FAXでのお問い合わせ
 078-371-4193
受付時間 月〜水・金9:00〜18:00/土9:00〜15:00
オンラインでのご予約
ご予約フォーム