健康もダイエットも、腸内細菌がポイント

NONALNUM-MjAxOC4yLjPntbXmiYvntJk-E

寒い毎日が続き、インフルエンザが大流行しています。
仕事場で休んでいる人が多いとか、学級閉鎖・学年閉鎖の学校も
多くなっています。
春はもうそこまで来ていると思いますが、あと少しこの寒さに
耐えて、元気にこの冬を乗り越えたいものです。

お腹の調子が悪い、ガスが溜まってお腹がはる、下痢と便秘を
繰り返す人も多いですが、
このストレス社会を乗り越えるために、腸の健康を保つことは
本当に大切な事と思います。

最近の研究では、健康やダイエットにも腸内細菌がとても大事で
ある事が分かってきました。
善玉菌、悪玉菌のお話は聞かれたことがあると思います。
そして、その他に日和見菌というどっちつかずの菌も存在しています。

これらの菌の比率は、黄金比率(善玉3:日和見6:悪玉1)が理想的と
言われています。
だから善も悪もすべて体にとっては大切なものです。

善玉菌は下痢や便秘を予防し免疫力をアップし、短鎖脂肪酸をつくり、
悪玉菌は、肉類を分解し、たんぱく質を吸収するために必要な菌です。
日和見菌が腸内細菌のバランスを調整します。

これらの菌のバランスが崩れた時に、色々なお腹の不快症状や他の
全身症状が現れて来ることがあります。

腸内環境のバランスは、腸内フローラと呼ばれ少しずつ変化すると
思われている方も多いのですが、悪い食事を取れば一日でがらりと
悪くなります。毎日の食事がとても大切なのです。

善玉菌のエサとなる食物繊維を豊富にとり、納豆や酢の物といった
日和見菌のエサとなる食品を毎日取り入れると、善玉菌の黄金比率は
保たれやすくなります。

腸内細菌のバランスが内臓疾患のみならず、うつやADHD(注意欠陥多動性障害)、認知症にも
大きく関係していることが分かってきました。また便移植という治療で、
肥満の方にヤセ菌をもつ人の便を移植すると腸内フローラが改善されて、
太りやすさも改善されるという研究も進んでいます。
腸内細菌、まだまだ色々な可能性を秘めていると思います。

*******************************************
神戸市中央区で漢方薬の相談薬局。

がん、アトピー、子宮内膜症、自己免疫疾患、リウマチなど

食養生も大切にしている『漢方薬局けんこう屋』にお問い合わせ下さい。

http://www.e-kenkouya.com/リンク リンク

【天寿を生き、心身ともに健やかな人生をあなたに・・・】

********************************************

お問い合わせ
電話・FAXでのお問い合わせ
 078-371-4193
受付時間 月〜水・金9:00〜18:00/土9:00〜15:00
メールでのお問い合わせ
お問い合わせフォーム
ご来店予約
電話・FAXでのお問い合わせ
 078-371-4193
受付時間 月〜水・金9:00〜18:00/土9:00〜15:00
オンラインでのご予約
ご予約フォーム