猛暑の後から出る秋バテ

NONALNUM-MjAxOC4557W15omL57SZ-E

 

豪雨・地震・台風・猛暑と今年は本当に厳しい夏だったと思います。
朝晩は少し涼しくなってきて、ほっとする季節ですが、これから体調を
崩す方も多いです。クーラーや扇風機のあたり過ぎ、冷たい飲み物の
取り過ぎから起こってくる体の不調です。
漢方では、中寒といって寒に中る(あたる)状態です。お腹を冷やし、
食欲も免疫力も極端に落ち、風邪やウィルス性疾患にもかかり易く
なります。
例えば、アトピーの子供さんで、「とびひ」と言われる伝染性膿痂疹
(でんせんせいのうかしん、細菌による皮膚の感染症)や、ジュクジュク
した皮膚炎の自家感作性皮膚炎などになり易くなります。
皮膚の免疫力が落ちて、皮膚の感染症を起こしやすくなった時に起こる
皮膚炎です。体力の落ちるこの季節、注意が必要です。

お腹や体を冷やし過ぎた後は、やはり温めながら体力を回復させる
ことが大切です。
江戸中期の有名な儒学者・本草家、貝原益軒の『養生訓』には「夏ハ
発生ノ気、イヨイヨ盛ンニシテ汗モレ、人ノ肌 膚大イニ開クユエ、外邪
入リヤスシ。涼風ニアタルベカラズ……温カナルモノ食イ テ脾胃ヲ温ムベシ。
冷水飲ムベカラズ…」と、夏の養生の要点は冷やさないことで あると
書かれています。

冷えに漢方薬の力を活用しましょう。
体の外表部の冷え(経絡の中寒)には「五積散」、「芎帰調血飲第一加減」、
お腹の冷え(臓腑の中寒)には「人参湯」、 下痢・軟便など胃腸の風邪症状には
「藿香正気散」など、症状に合わせて服用頂くと良いです。
今年の夏は暑すぎて、患者様に「お腹を温めて下さい」とはなかなか
言いにくい季節でした。

九月からは、冷やし過ぎたお腹や体を温める様にして下さい。
秋バテにならない様に、寝る時は腹巻をして、
お風呂にゆっくり使って睡眠をしっかり取ることも大切です。
体調が早く戻り、美味しい物がいっぱいの味覚の秋を元気に迎えられると思います。


*******************************************
神戸市中央区で漢方薬の相談薬局。

がん、アトピー、子宮内膜症、自己免疫疾患、リウマチなど

食養生も大切にしている『漢方薬局けんこう屋』にお問い合わせ下さい。

http://www.e-kenkouya.com/リンク

【天寿を生き、心身ともに健やかな人生をあなたに・・・】

********************************************

お問い合わせ
電話・FAXでのお問い合わせ
 078-371-4193
受付時間 月〜水・金9:00〜18:00/土9:00〜15:00
メールでのお問い合わせ
お問い合わせフォーム
ご来店予約
電話・FAXでのお問い合わせ
 078-371-4193
受付時間 月〜水・金9:00〜18:00/土9:00〜15:00
オンラインでのご予約
ご予約フォーム