自己免疫疾患について ⑦ 関節リウマチの治療

関節リウマチは関節炎が進行性に持続し、炎症が強い場合
関節が破壊されて行きます。
関節リウマチの治療は、ここ最近劇的に治療が変化して
抗リウマチ薬や生物学的製剤と呼ばれる新薬が開発されて
来ました。
特に、生物学的製剤は炎症反応の抑制作用があります。

リンパ球から分泌されるホルモン様作用のある物質で、
免疫やアレルギーに関係する炎症性サイトカイン
(TNFやインターロイキン)という物質があります。
この炎症性サイトカインに対する抗サイトカイン抗体を
生物学的製剤と呼んでいます。

関節リウマチの治療薬 (生物学的製剤)

商品名    一般名      効果          作用機序

アクテラム  トシリズマブ   関節の痛み、腫れ抑制  IL-6の抑制

レミケード  インフリキシマブ 関節の痛み、腫れ抑制  TNF-αの抑制
                関節破壊の抑制     (抗TNF-α抗体)

エンブレル  エタネルセプト  関節の痛みの抑制    TNF-α、βの抑制
                関節破壊の抑制     (TNF-α、β受容体-IgG)

ヒュミラ   アダリムブ    関節の痛みの抑制    TNF-αの抑制
                関節破壊の抑制     (抗TNF-α抗体)

 

※IL-6の作用は、関節の破壊(破骨細胞の活性化、蛋白分解酵素の増強)
                抗体産生細胞への分化などの作用があります。

 

※※TNF-α、βの作用は、関節の破壊(破骨細胞の分化促進、マトリックス分解酵素の産生)
           腫瘍壊死因子、好中球とマクロファージの活性化、細胞内寄生菌の殺傷

 

投与方法は、点滴静注です。

 

お問い合わせ
電話・FAXでのお問い合わせ
 078-371-4193
受付時間 月〜水・金9:00〜18:00/土9:00〜15:00
メールでのお問い合わせ
お問い合わせフォーム
ご来店予約
電話・FAXでのお問い合わせ
 078-371-4193
受付時間 月〜水・金9:00〜18:00/土9:00〜15:00
オンラインでのご予約
ご予約フォーム