大黄牡丹皮湯と桃核承気湯

■■大黄牡丹皮湯

承気湯(大黄・芒硝・甘草)+ 牡丹皮・桃仁・冬瓜子
桂枝を入れず、上部病変には用いない。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

■■桃核承気湯

承気湯(大黄・芒硝・甘草)+桃仁・桂枝 上半身の
鬱血に使用。
頭痛・歯痛・鼻出血・吐血

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

■■治打撲一方

川骨・樸そく・丁香・木香・川きゅう・肉桂・当帰・
大黄・芒硝

・ 川骨・・・浮腫を引かして鬱血とか内出血取る。
・ 樸そく・・・鎮痛剤
・ 丁香・木香・川きゅう・肉桂・当帰・・・活血(頭部以外に)
・大黄・芒硝・・・利胆の効果

内出血したものを便から排泄。血腫がいったん分解後血中に入り、
肝臓で代謝されて胆汁として排泄するのではないか?

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

■■冠心Ⅱ号方

降香・丹参・赤芍・川きゅう・紅花

・活血・・・虚血の状態。 降香・丹参・赤芍・川きゅう

・化お・・・鬱血の状態。紅花

・冠不全の薬

・肝気鬱血による気滞

① 自律神経を介した冠動脈への影響

②心臓機能低下

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
■■きゅう帰調血飲

当帰・川きゅう・地黄・益母草・牡丹皮・白朮・茯苓・陳皮・香附子・烏薬・

乾姜・甘草・大棗

第一加減・・・芍薬・桃仁・紅花・牛膝・枳殻・木香
延胡索・桂皮

・産後の諸病及び諸症状の予防と治療

リウマチ、気管支喘息、腎炎などの
慢性難治性疾患

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

■■桂枝茯苓丸

桂枝・茯苓・桃仁・牡丹皮・芍薬

金匱要略では、妊娠中初期の出血に対する
指示である。

流産の切迫流産にはきゅう帰膠艾湯を用い出血多量、
胎児死亡のときは桂枝茯苓丸で排泄させた。

現在では、子宮筋腫に応用される。
特に、桂枝茯苓丸加別甲 (原 南陽)
が有効である。

お問い合わせ
電話・FAXでのお問い合わせ
 078-371-4193
受付時間 月〜水・金9:00〜18:00/土9:00〜15:00
メールでのお問い合わせ
お問い合わせフォーム
ご来店予約
電話・FAXでのお問い合わせ
 078-371-4193
受付時間 月〜水・金9:00〜18:00/土9:00〜15:00
オンラインでのご予約
ご予約フォーム