瘀血について  山本巖の弟子入りの時の会話と語録

私の恩師・山本巖先生がご自分の師である中島随象先生に
弟子入りされた時、まず一番最初に質問をした時の事を教えてもらった
ことがあります。

  • 山本 先生、「病とは何ぞや・・・」  
  • 中島「病は邪である」
  • 山本「治法は」
  • 中島「瀉である」
  • 山本「補は」  
  • 中島「正気を補うのみ」・・・病邪を除くものではない。
  • 中島「諸悪の根元は、血である。血というものを重視せよ。
  •    百病のうち百まで、血で解決できる」

 

山本巖先生の要諦は、

●正気にも虚実があり、病邪にも虚実がある。

●虚証や実証があるのではない。 何が虚して、何が実しているかである。

●治療に際しては、病邪の実が問題であり、 正気では虚が問題である。

●瘀血は、病邪の実の最たるものである。 瘀血は瀉さねばならない。
 

お問い合わせ
電話・FAXでのお問い合わせ
 078-371-4193
受付時間 月〜水・金9:00〜18:00/土9:00〜15:00
メールでのお問い合わせ
お問い合わせフォーム
ご来店予約
電話・FAXでのお問い合わせ
 078-371-4193
受付時間 月〜水・金9:00〜18:00/土9:00〜15:00
オンラインでのご予約
ご予約フォーム