瘀血(おけつ)とは? -考え方と病態-

瘀血(「おけつ」、「お血」とも書かれます)とは、臨床的仮説としてとらえる病態をいいます。

医学が未発達の時代に、 血が滞っていると想定した一種の仮説。
うっ血や微小循環障害に関連する。
瘀血の病態は現在の医学レベルからみれば、非常に複雑である。
おそらく単一の病態ではなく、いろいろな病態を包括している
と推測される。
むしろ瘀血とは駆瘀血薬、駆瘀血剤を用いて良くなる病態と
定義して、その病態を西洋医学的に解明してゆく方がよいのでは
ないかと山本巖先生は言われた。

瘀血の病態には大きく分けて、5つの特徴的な病態をあらわす事が
多い。出血、腫瘤・線維化、舌象、皮膚甲錯、細絡などである。

  • 出血・・・静脈性の出血で暗紫色。

       黒くじわじわと出る。止まりにくい。

  • 腫瘤・繊維化・・・子宮筋腫、繊維化(癒着・ケロイド)

            強皮症(SSc)・CREST症候群・

            多発性筋炎(PM)・SLE・肺繊維症

                                  混合性結合組織病(MCTD)

  • 舌象・・・瘀斑・瘀点、紫色の斑点、舌全体が暗紫色
  • 肌膚甲錯・・・顔色唇どす黒い、かさかさする。
  • 細絡・・・小さな血管の拡張

比較的色が暗紫色、赤黒いボルドー色に近くなることが 多い。

どのような時に、この瘀血は出来あがってくるのか、経験的な事しか

分からないですが、

1.外傷、挫傷による内出血、手術。

2.婦人の生理異常、出産、異常分娩。

3.熱病。

4.寒冷の外傷。

5.精神的作用(ストレスの多い生活習慣・睡眠不足)

6.偏った食生活(肉食、甘い物好きな人)

このような方に、多く発生する様に考えらています。

 

お問い合わせ
電話・FAXでのお問い合わせ
 078-371-4193
受付時間 月〜水・金9:00〜18:00/土9:00〜15:00
メールでのお問い合わせ
お問い合わせフォーム
ご来店予約
電話・FAXでのお問い合わせ
 078-371-4193
受付時間 月〜水・金9:00〜18:00/土9:00〜15:00
オンラインでのご予約
ご予約フォーム