3.川きゅう(せんきゅう)

senkyu

ILLUSTRATED
MEDICINAL
PLANTS

 

神農本草経には、「味辛温、主中風中入脳頭痛寒痺筋攣急金創婦人
血閉無子生川谷」

「主として風の邪気にあたり、半身不随になった中風の病やその風の邪気が
脳に入った病、頭痛する病、婦人の血閉や不妊などの病を治すことができる。」

●現代薬理

1.中枢神経抑制

2.神経細胞保護作用

3.末梢血管拡張作用

4.鎮けい作用

5.抗炎症作用

6.免疫賦活作用

7.子宮・皮膚温に対する作用

●●増補能毒

1.川きゅうは何れの頭痛にも用いられる。

2.気虚の頭痛には少し控えめに用いる。補薬に少しだけ入れる。

3.厥陰の本薬。気を巡らし、鬱気を散じる。

4.冷えて痺れ、筋ひきつれるのに

5.脳の内が冷えて痛む、頭の内に血が滞るのに

6.血を温めるものとして心得るべし

毒 気虚の人に頭痛があっても、熱の強い人には用いない。

お問い合わせ
電話・FAXでのお問い合わせ
 078-371-4193
受付時間 月〜水・金9:00〜18:00/土9:00〜15:00
メールでのお問い合わせ
お問い合わせフォーム
ご来店予約
電話・FAXでのお問い合わせ
 078-371-4193
受付時間 月〜水・金9:00〜18:00/土9:00〜15:00
オンラインでのご予約
ご予約フォーム