漢方薬の驚異 第107回 お血(おけつ)の生薬 -6-

4月に入り、寒の戻りで寒くなりました。
花冷えというよりは、冬に逆戻りのような気温の
変動で、風邪をひかれている方も多いです。
体調に気をつけて過ごしましょう。

前回のお血の生薬の続きで、重要な生薬・蘇木(そぼく)
についてです。

●蘇木(そぼく)

○基原 マメ科(Leguminosae)

Casalpinia sappan L.

(スオウ)の茎木を乾燥したもの

○成分

色素成分のbrasillin、精油

○薬理

血液凝固の促進、中枢の抑制・催眠作用、
大量で麻酔作用、 抗菌

インドからマレー半島に産するマメ科
ジャケツイバラ属植物の常緑樹。
Casalpinia sappan L.(スオウ)の
sappanは、マレー語Sapang(サパン)に由来。

李時珍は、マレー(蘇方)原産のため、
蘇木と言うとしている。
原産地のインドでは強力な収斂作用を有する
通経薬とされている。
外用として各種皮膚疾患に利用、特に苔癬に
有効とされる。

「新修本草」・・・「無毒、血を破る。
産後の血が脹悶し、死なんとする者に効あり」。

李時珍・・・「三陰の経の血分の薬であり、
少し用いれば血を和し、多く用いれば血を破る。
偏墜腫痛・・、産後の血運・・、
脚気腫痛・・、
産後の気喘・・・に服する」

通導散に入っている蘇木です。
山本先生は、通導散の主薬は蘇木と言われました。
増補能毒にも、「血を破る功は多くして、
血を和す功は少なきなり。血の滞りと見たらば
是非用いたいものぞ。」とあります。

駆お血薬の主薬と考えるべき生薬と思います。

□注意・免責事項

◎体の状態は個人によって異なっています。
現在治療中の方はかかりつけの主治医と
相談をしてください。
◎ご自分の責任の範囲でご利用ください。
記載内容を利用し生じた結果について、
当方では責任がとれませんのでご了承
ください。

□■□■□■□■□■□■□■□■□■
発行元 漢方薬局けんこう屋
HP http://www.e-kenkouya.com/
E-mail info@e-kenkouya.com
□■□■□■□■□■□■□■□■□■

お問い合わせ
電話・FAXでのお問い合わせ
 078-371-4193
受付時間 月〜水・金9:00〜18:00/土9:00〜15:00
メールでのお問い合わせ
お問い合わせフォーム
ご来店予約
電話・FAXでのお問い合わせ
 078-371-4193
受付時間 月〜水・金9:00〜18:00/土9:00〜15:00
オンラインでのご予約
ご予約フォーム