漢方薬の驚異 第12回 漢方医学の基本的診断 -2-

漢方医学の基本的診断では、気・血に続いて

今回は水についてお話します。

中国でも気・血・津(しん)というように分類されています。
しかし、その実態・内容に関する認識はまだよくわかっていません。

水とは水分の代謝異常やその結果生じる液体ととらえる
考え方です。
水毒(すいどく)という言葉を聞かれた方も多いと思います。

体のどこかに水分が貯留停滞した状態です。

症状としては、自汗、手指のこわばり、関節水腫、しびれ、
水様の喀痰、鼻水・体が重い・筋肉の痙攣(コムラ返り)・
頭重・めまい・緑内障など多彩な症状が現れます。

これから、この実態を科学的に解明して行かなければなりません。

浮腫・胸水・腹水・関節内水腫など明らかに病態にもとずいた
この水の認識は非常に重要なことです。

半夏厚朴湯(はんげこうぼくとう)・・・・食道や咽頭部り痙攣をとったり、
浮腫を除く。

五苓散(ごれいさん)・・・・・・・・・・消化管の水や陰嚢水腫など

防已黄耆湯(ぼういおうぎとう)・・・・・関節内浮腫

越婢加朮湯(えっぴかじゅつとう)・・・・炎症性の関節内浮腫

小青龍湯(しょうせいりゅうとう)・・・・鼻・気管支などの浮腫

色々と漢方を応用すると、体に溜まった余分な水を尿、便、汗などによって
対外へ排泄できます。

現在、食生活の変化によって水毒による病気が増えています。
この水毒をとる漢方薬と血の流れを良くする漢方薬を併用すると排泄が
より効率的に出来ます。

お問い合わせ
電話・FAXでのお問い合わせ
 078-371-4193
受付時間 月〜水・金9:00〜18:00/土9:00〜15:00
メールでのお問い合わせ
お問い合わせフォーム
ご来店予約
電話・FAXでのお問い合わせ
 078-371-4193
受付時間 月〜水・金9:00〜18:00/土9:00〜15:00
オンラインでのご予約
ご予約フォーム