漢方薬の驚異 第23回 柴胡(さいこ)と 升麻(しょうま)

今年、最後のメールとなりました。

前回まで補益剤を中心にお話をしてまいりましたが、今回はその
中でも中心的な生薬のお話をさせてもらいます。
補中益気湯(ほちゅうえっきとう)の柴胡(さいこ)と升麻(しょうま)
です。

ご存知の様に、小柴胡湯(しょうさいことう)の中には柴胡が入って
おり柴胡(さいこ)と黄ごん(おうごん)が炎症を抑える作用を持って
いることが知られています。
このふたつの生薬により、小柴胡湯は消炎作用を有する処方として
臨床に使用されています。
一方、補中益気湯には柴胡と升麻(しょうま)が入っており、この作用
は筋肉を強くする作用があるのです。よって、補中益気湯は筋肉の
弱いアトニー体質の方にとても有効に働くと思います。
第二十回でお話した症状に良いのです。

☆アトニーや無力症の人は、元気なく食欲ない。

★直腸脱、肛門脱、子宮脱の人に。

☆弛緩性便秘に。

★膀胱麻痺、かつやく筋低下に。

違った生薬の組み合わせで、作用も変わってくるのが漢方薬の不思議
です。

昔、原南陽という人が作った痔に効く漢方・乙字湯(おつじとう)という中
にも、柴胡と升麻が入っています。

この生薬の作用について、名医・浅田宗伯は柴胡と升麻の作用は
筋肉を強くする方と捉えず、消炎作用として捉えています。

その他、大黄(だいおう)と黄ごん(おうごん)も消炎作用を有していると
考えていました。
痔核の場合は、この乙字湯だけでなくて駆おけつ剤と併用するとより
症状が良くなります。

そこで、浅田宗伯は血の流れが良くなる当帰(とうき)を多く加えてより
痔に効く処方に改良したのです。

今後、現代薬学における生薬の成分分析研究だけでは計り知れない
生薬の薬能を臨床を通じて解明する事が、とても重要で有効な事と考えます。

一つずつの生薬の解明はもちろん大切ですが、二つ、三つとあわせた
時の薬能の解明も大切な事と思います。

お問い合わせ
電話・FAXでのお問い合わせ
 078-371-4193
受付時間 月〜水・金9:00〜18:00/土9:00〜15:00
メールでのお問い合わせ
お問い合わせフォーム
ご来店予約
電話・FAXでのお問い合わせ
 078-371-4193
受付時間 月〜水・金9:00〜18:00/土9:00〜15:00
オンラインでのご予約
ご予約フォーム