漢方薬の驚異 第43回 防已(ぼうい)について

台風の接近で、朝晩が涼しくなってきました。
1日1日と、秋の訪れを感じます。
水毒の方のお薬・防已黄耆湯(ぼういおうぎとう)の
お話をしました。

今回はその処方の主薬、防已(ぼうい)についての
お話です。

この生薬、防已は
中国産では 粉防已(シマハスノカズラ)
広防已(アリストロキア)

日本産では 木防已(アオツヅラフジ)
漢防已(オオツヅラフジ)

同じ防已といっても、植物の種類が違います。
この生薬の種類を使い分ける必用があります。

日本産の 漢防已(オオツヅラフジ)は
日本薬局方に記載されている生薬で、
関節痛、神経痛、消炎に利用されています。

この局方品を使用していれば、問題は生じませんが
生薬の呼称は国により異なる場合があり、取り扱いには
大変注意を要します。

広防已(アリストロキア)はウマノスズクサ科に属して
おり、アリストロキア酸がアリストロキア腎症という
腎機能障害を起こす事が分かっています。

特に、1990年代に話題になった生薬・木通(もくつう)
という生薬の中国産で関木通(かんもくつう)。

この関木通ウマノスズクサ科に含有するアリストロキア酸が
アリストロキア腎症を起こしました。
ネット経由で購入する欧米のダイット商品などに中薬として
入っていて、問題になりました。

ウノスズクサ科の生薬は、要注意ですね。

お問い合わせ
電話・FAXでのお問い合わせ
 078-371-4193
受付時間 月〜水・金9:00〜18:00/土9:00〜15:00
メールでのお問い合わせ
お問い合わせフォーム
ご来店予約
電話・FAXでのお問い合わせ
 078-371-4193
受付時間 月〜水・金9:00〜18:00/土9:00〜15:00
オンラインでのご予約
ご予約フォーム