漢方薬の驚異 第50回 風湿について

桜の開花だよりの季節ですが、寒い毎日が続いています。
風邪をひかれている方も多いので、気をつけ下さい。

湿について前回までお話をしました。
この湿や水に関連して、「風湿 ふうしつ」という病態があります。
湿のある人が、しびれ痛みに罹った時の病態の事です。
現代医学のリウマチ性の運動器疾患、変形性関節症、関節炎などに
相当します。

湿のある人は、体が腫れて水ぶくれの方が多いため、
感染症にかかっても熱は上昇しにくい傾向があります。
たぶん、体に水が多いので体温が出にくいのだと思います。
高熱にならず、午後から上昇するケースも多く、
痛みは、重だるく・疼痛を訴えるケースが多いです。

感染症にかかっても熱が上がらずに、痛みが強く
汗が出ない場合と出る場合があります。

汗の出ない場合、悪寒・無汗・高熱で「麻黄湯 まおうとう」が
一般的な処方です。
麻黄湯の適応する人は悪寒が強くて、熱が高く出ます。

しかし、風湿の方であまり熱も高くならず朮(じゅつ)を加えて
麻黄加朮湯(まおうかじゅつとう)を使用すると良い場合があります。

もう少し筋肉などに水滞が多くなると、午後に発熱して
麻杏?甘湯(まきょうよくかんとう)などを使用します。

汗の出る場合で悪風・自汗する時は、「桂枝湯 けいしとう」。
そして風湿の人で、汗が出るときは白朮(びゃくじゅつ)
黄耆(おうぎ)などの入った処方を考えます。

お問い合わせ
電話・FAXでのお問い合わせ
 078-371-4193
受付時間 月〜水・金9:00〜18:00/土9:00〜15:00
メールでのお問い合わせ
お問い合わせフォーム
ご来店予約
電話・FAXでのお問い合わせ
 078-371-4193
受付時間 月〜水・金9:00〜18:00/土9:00〜15:00
オンラインでのご予約
ご予約フォーム