漢方薬の驚異 第54回 和法・和解剤

今年の夏は、梅雨明けから猛暑が続き、熱中症の患者が
急増しています。

約半月間に、熱中症による死者が全国で200人を超えた
そうです。

約9割が65歳以上の高齢者で、自宅など屋内での死亡例も
目立ったそうです。

今後も注意が必要ですね。

今回より、和法のお話です。

和法とは、昔、熱病の治療方法のなかで病邪が半表半裏にある
少陽病期、発汗吐下の瀉法がよくない時に利用したものです。

(半表半裏とは、内臓の横隔膜・肺・肋骨・胆のうなどに病邪が
ある時期の事です。)

病邪が生体を犯すとき、

正気が実していて病邪が弱いときは、体の中へ侵入できません。
しかし、正気が虚して病邪が実していると発病します。

正気、病邪とも実していると体と病邪との間に闘争がおこります。

これが激しくなると、熱が出て色々な症状が現れます。
これを陽病といいます。

この陽病を漢方では、

太陽病、

陽明病、

小陽病    とに分けます。

このうち、小陽病は病邪が半表半裏にあり横隔膜近くの上下に
病邪が存在するとされています。

お問い合わせ
電話・FAXでのお問い合わせ
 078-371-4193
受付時間 月〜水・金9:00〜18:00/土9:00〜15:00
メールでのお問い合わせ
お問い合わせフォーム
ご来店予約
電話・FAXでのお問い合わせ
 078-371-4193
受付時間 月〜水・金9:00〜18:00/土9:00〜15:00
オンラインでのご予約
ご予約フォーム