漢方薬の驚異 第65回 肝気鬱結(かんきうっけつ)と手足の冷え

11.06.30 ――第65号――

6月の末から真夏日が続き、クーラー、扇風機がないと
寝苦しい夜が続いています。
喉がやられて、夏風邪も流行しています。
冷房を上手く使って、風邪をひかないようにお過ごしください。

今回は、肝気鬱結(かんきうっけつ)によって起こる
手足の冷えについてお話します。

前回、肝気鬱結というのは精神的なストレスがかかって
自律神経の緊張が起きた状態。
心的な葛藤があり、イライラ・情緒不安定・自律神経失調症が
出てきて、不安感が増していると説明しました。

精神的ストレスがかかって、感情が高ぶった時に手が冷えます。
誰でもですが、ジェツトコースターやホラー映画、お化け屋敷に
入った時に掌に汗をビッショリかきます。

これはすべて精神性の発汗といって、神経が高ぶった時にしか
発汗しません。
もし、彼・彼女と手をつないだ時に手がべったりしていたら
ほぼ間違いなく、お相手は神経質で感情の高ぶりやすい
タイプです。

この発汗の後に気化熱で、手は冷えやすくなります。
足の裏も同様に、精神性の発汗です。

この様な方は、肝気鬱結(かんきうっけつ)によって
手足の冷えが起こりやすくなります。

漢方薬では四逆散という処方を使うと、この肝気鬱結
(かんきうっけつ)を改善できます。

お問い合わせ
電話・FAXでのお問い合わせ
 078-371-4193
受付時間 月〜水・金9:00〜18:00/土9:00〜15:00
メールでのお問い合わせ
お問い合わせフォーム
ご来店予約
電話・FAXでのお問い合わせ
 078-371-4193
受付時間 月〜水・金9:00〜18:00/土9:00〜15:00
オンラインでのご予約
ご予約フォーム