漢方薬の驚異 第71回 柴胡疎肝散(さいこそかんさん)

年末寒波で、各地で雪の知らせが届いています。
帰省の際、交通に支障が出ない事を祈ります。

今年最後のメルマガになりました。

肝気鬱結(かんきうっけつ)に良い漢方「柴胡疎肝湯
さいこそかんさん」の処方解説です。

生薬は、「柴胡、枳実、芍薬、甘草、香附子、川きゅう」
が配合されています。

香附子というのは抗うつ作用があり、昔から婦人の聖薬として
血の道によるうつに使用されてきました。
また、嘔吐を抑える作用があります。

よって四逆散よりもより消化器症状に適している処方と
考えられます。

過敏性大腸症候群などの腹痛、痙攣性の便秘にも有効です。
痙攣性の便秘は、肝鬱によって起こることが多いです。
この場合、太い便が出ず、細い便がでます。
肛門括約筋は、緊張しているケースが多いです。

また、下行結腸からS状結腸にかけて数珠状に便があって
細くてクリクリしているケースがレントゲンでも撮れます。

肝気欝結の患者さんは、筋緊張の強い方が多いものです。

「四逆散」に「香蘇散」を合方したような処方
「柴胡疎肝散 さいこそかんさん」は、イライラや
うつにも適応できる処方なのです。

お問い合わせ
電話・FAXでのお問い合わせ
 078-371-4193
受付時間 月〜水・金9:00〜18:00/土9:00〜15:00
メールでのお問い合わせ
お問い合わせフォーム
ご来店予約
電話・FAXでのお問い合わせ
 078-371-4193
受付時間 月〜水・金9:00〜18:00/土9:00〜15:00
オンラインでのご予約
ご予約フォーム