漢方薬の驚異 第74回 抑肝散(よくかんさん)

例年より桜の開花も遅れ、肌寒い日々が続きました。
明日から4月。
ようやく桜の開花だよりが聞ける季節になってきました。

先日、NHKにて漢方薬の番組が放送され、
本日の漢方処方薬「抑肝散」がとても有名になりました。
認知症患者に使用されて、有効例があったようです。

もともと、肝を抑えるという薬。

肝というのは現在の肝臓という意味でなく、漢方の病態把握で
使用される「肝」です。
主に自律神経系の事などを指し、もともとこの抑肝散は
「肝経の虚熱発ちく」精神性の発熱・痙攣に使用されました。

抑肝散の構成生薬は、

「柴胡・茯りょう・白じゅつ・甘草・川きゅう・釣藤こう・当帰」

主薬は、釣藤こう「ちょうとうこう」
中枢を抑え、鎮静作用を持っています。
また眠り薬にも使える、とても素晴らしい生薬です。

この生薬の入った抑肝散は、

精神的な緊張、子供の夜泣き、パーキンソンや脳血管障害時の
半身不随、痙性麻痺にも応用されます。

子供が夜泣きするときは子母同服「しぼどうふく」といって、
お母さんにも服用してもらいます。お母さんがヒステリーを
起こしていたら子供の夜泣きは治りません。
母親の精神的な安定が、子供の心の安定につながることを
昔の人は分かっていたんですね。

現代だったら家庭内や学校内も大変なので、親も、先生も
子供たちと一緒に服用すると、穏やかな生活環境になると
思います。

抑肝散の面白い利用方法だと思います。

お問い合わせ
電話・FAXでのお問い合わせ
 078-371-4193
受付時間 月〜水・金9:00〜18:00/土9:00〜15:00
メールでのお問い合わせ
お問い合わせフォーム
ご来店予約
電話・FAXでのお問い合わせ
 078-371-4193
受付時間 月〜水・金9:00〜18:00/土9:00〜15:00
オンラインでのご予約
ご予約フォーム