漢方薬の驚異 第81回 臓腑の中寒 その3

風が冷たく寒くなり、秋も深まってきました。
アメリカでは、日本列島がすっぽり入るぐらいの
大きさのハリケーンが襲来しました。
昨晩、アメリカ在住の友人から電話があり「無事」との事。
ほっと、安心しました。
地球規模で、異常気象が続いているように思います。

今回も、臓腑の中寒3です。
臓腑の中寒とは食べ物、飲み物で胃袋が直接冷やされ
足が冷えて、冷えた血がお腹にもどり、内部冷却した
状態です。

代表処方の人参湯、真武湯の次に紹介するのは、
大建中湯(だいけんちゅうとう)です。
現在の漢方薬エキス売上ランキングでも、
トップクラスの処方です。
外科の手術後に、イレウス予防に使われているようです。
しかし、体の寒熱を無視して使用する今のメーカー主導の
使い方に疑問が残ります。

大建中湯(だいけんちゅうとう)

●構成生薬
蜀椒(しょくしょう)、乾姜、人参、膠飴(こうい)

現代の薬理効果としては、抗菌作用、回虫の駆除などの
作用があります。

乾姜と蜀椒でお腹を温めて、寒邪を除きます。
蜀椒は、山椒の果実で、あのピリピリした辛さが
お腹を温めます。
蜀椒を配合すると、他の温化寒飲の効能を高めると
言われています。

蜀椒は、回虫を麻痺させて腸管の痙攣を抑えます。
膠飴(こうい)は飴で、蜀椒のピリピリ感を抑えて
服用しやすくしてくれます。

腹痛、蠕動亢進、痙攣性の痛み、などの
胃痙攣や胆石症、尿管結石、回虫症などに応用されます。

お問い合わせ
電話・FAXでのお問い合わせ
 078-371-4193
受付時間 月〜水・金9:00〜18:00/土9:00〜15:00
メールでのお問い合わせ
お問い合わせフォーム
ご来店予約
電話・FAXでのお問い合わせ
 078-371-4193
受付時間 月〜水・金9:00〜18:00/土9:00〜15:00
オンラインでのご予約
ご予約フォーム