漢方薬の驚異 第84回 臓腑の中寒 その6

1月はとても寒い毎日が続きましたが、
このところ少し寒さも緩んでいます。

明日から2月。

これから寒の戻りもあり、寒くなります。
インフルエンザも流行していますので十分に
ご注意下さい。

今回も、呉茱萸湯(ごしゅゆとう)について。

前回お話をしましたが、嘔吐・しやっくり・
頭痛に使用され、味がとても悪くて、
服用しにくい漢方。
女性に圧倒的に多い片頭痛に有効です。

特に、料亭の女将さん、美容師の奥さん、
喫茶店をひとりで切り盛りしている
ママさんなど。
ご自分で会計からお店の運営まで、
すべてをこなしている働き者の女性で
片頭痛もちの方が多いように思います。

頭痛持ちの女性は、解熱消炎鎮痛剤を
常用されているケースがほとんどです。
常用しているとだんだんと鎮痛効果が
悪くなり、量を増やし、作用の強い薬へ
と変更される方もおられます。

体力の落ちた時が、注意です。

生理の後から来るような頭痛、発作的に肩、
首筋が異常に凝り固まり、キューッと片頭痛に
なります。
左右どちらにも起こりますが、右側から
凝ってくる方はより症状が強いようです。

随伴症状としては、めまい・嘔吐・悪心・
空嘔などがあります。

漢方では、冷えがあるため
「中寒で、濁飲が上衝する」時に使用される。

お問い合わせ
電話・FAXでのお問い合わせ
 078-371-4193
受付時間 月〜水・金9:00〜18:00/土9:00〜15:00
メールでのお問い合わせ
お問い合わせフォーム
ご来店予約
電話・FAXでのお問い合わせ
 078-371-4193
受付時間 月〜水・金9:00〜18:00/土9:00〜15:00
オンラインでのご予約
ご予約フォーム