漢方薬の驚異 第86回 安中散

桜の花も咲き、ようやく春本番となりました。
寒い冬が長かったので、嬉しくなりますね。
三寒四温で、寒い日もあります。
体調に気をつけたいものです。

今回は、安中散についてです。
この漢方薬は、現在○○漢方胃腸薬とか、
△△漢方胃腸薬として、一般用医薬品として
薬局やドラッグストアーなどで、発売されています。

主に、
痛み・胸やけ、急性胃炎・慢性胃炎、胃カタルに
使用されています。

処方内容は、
桂皮・延胡索・小茴香・高良姜・牡蛎・縮砂・甘草

「遠年日近脾疼反胃」の時に使用されます。

遠年(えんねん)・・・慢性
日近(にっきん)・・・急性
脾疼(ひとう )・・・みぞおちの痛み
反胃(はんい )・・・食べたものの嘔吐

お腹がすいて痛い時に、胸やけに焦点を
あてて使用すると良いと思います。

温める作用は、そんなに強くないので、
温裏散寒というより、鎮痛に使います。

●延胡索・小茴香・縮砂
嘔吐も止めますが、少し温めて鎮痛します。

●牡蛎
胃酸過多、胸やけに使用されます。

お問い合わせ
電話・FAXでのお問い合わせ
 078-371-4193
受付時間 月〜水・金9:00〜18:00/土9:00〜15:00
メールでのお問い合わせ
お問い合わせフォーム
ご来店予約
電話・FAXでのお問い合わせ
 078-371-4193
受付時間 月〜水・金9:00〜18:00/土9:00〜15:00
オンラインでのご予約
ご予約フォーム