腸内細菌と慢性関節リウマチ -発症原因①-

★☆★  慢性関節リウマチ  6  ★☆★

***** 腸内細菌と慢性関節リウマチ ******

★慢性関節リウマチの発症原因はまだ不明されているが、その原因の一つとして

細菌及びウイルス感染の寄与が推察されています。

細菌として腸内細菌の大腸菌や腸球菌などの抗原が疑われていて、

慢性関節リウマチ患者の4割程度といわれています。

1)腸内細菌共通抗原(大腸菌O:14株)

ウサギ;上記抗原で感作すると、慢性関節リウマチ(RA)に似た関節炎を発症した。

リウマチド因子(RF)様物質が高率に陽性となり、関節局所にリンパ濾胞(ろほう)や

パンヌスを形成していた。

抗原の感作前後で、健康の維持に有用な偏性嫌気性菌群 (ユウバクテリウム) 、

嫌気性連鎖球菌 (バクテロイデス) が減少し、有害な通性嫌気性菌群 (大腸菌、

ブドウ球菌など) が増加した。

********************************************************************

慢性関節リウマチ患者の方は、

症状が重くなるにつれて上記抗原に対する抗体は陽性化して、強陽性群はすべて

重症の慢性関節リウマチ患者であった。

断食療法(甲田式)を行うと、抗体値減少とともにランスバリー指数は低下して、

リウマチ症状が改善された例があった。

青木重久ら 中部リウマチ 、 30(1);40-41(1999) より

お問い合わせ
電話・FAXでのお問い合わせ
 078-371-4193
受付時間 月〜水・金9:00〜18:00/土9:00〜15:00
メールでのお問い合わせ
お問い合わせフォーム
ご来店予約
電話・FAXでのお問い合わせ
 078-371-4193
受付時間 月〜水・金9:00〜18:00/土9:00〜15:00
オンラインでのご予約
ご予約フォーム