関節リウマチの早期診断基準 -2010年発表-

早期診断基準

★☆★  新しい基準  ★☆★

関節リウマチを早期に診断するための
新しい診断基準が、アメリカリウマチ学会と
ヨーロッパリウマチ学会によって作成された。
2010年に発表された。
以前は1987年に、発症後8~10年
たった患者さんの症状を基に作られたもので、
早期の患者さん診断にはつながりにくかった
といえます。

新基準の項目は、大きく4つに分けられて
それぞれ点数化されています。
点数の合計が6点以上ある場合に、
関節リウマチと診断されます。

□腫れ・痛みのある関節の数

□免疫の異常
リウマトイド因子、抗CCP抗体など

□症状の持続時間
以前の診断基準は症状が6週間以上の持続でしたが
新基準は、6週間未満でも合計点数が高いと関節
リウマチと診断されます。

□炎症反応
CRP、ESR血沈を調べます。

肩や肘などの中・大関節、
指や手などの小関節に分け、
いくつの関節に腫れ・痛みが
あるかによって点数が決められています。

項目が4つに分けられている。
それぞれの点数を算出し、合計が
6点以上の場合に関節リウマチと診断される。

 

■■①腫れ・痛みのある関節の数■■

中・大関節に1つ以上の腫れまたは疼痛関節あり・・・・・・0点

中・大関節に2~10個の腫れまたは疼痛関節あり・・・・・1点

小関節に1~3個の腫脹または疼痛関節あり・・・・・・・・・2点

小関節に4~10個の腫脹または疼痛関節あり・・・・・・・・3点

少なくとも1つ以上の小関節領域に10個を越える・・・・・・5点
腫脹または疼痛関節あり

★「中・大関節」とは肩関節、肘関節、股関節、膝関節、
足関節(くるぶし関節)を指す

★「小関節」とは手足の指、足の関節の大部分、それに
手首の関節を指す。

★「小関節領域」には、上記以外のあげていない関節

DIP( 指の第1関節)

第1CM(親指の付け根の関節)

第1MTP(足の指の第1関節)

■■②免疫の異常■■

リウマトイド因子、抗CCP抗体ともに陰性・・・・・0点

リウマトイド因子、抗CCP抗体の少なくとも
1つが陽性・低力価            ・・・・・・2点

リウマトイド因子、抗CCP抗体の少なくとも
1つが陽性・高力価            ・・・・・・3点

○陽性・低力価 正常値上限の1~3倍まで。
陽性・高力価 正常値上限の3倍以上。

■■③症状の持続時間■■

6週間未満・・・・・・0点

6週間以上・・・・・・1点

■■④炎症反応■■

CRP、ESRともに正常・・・・・・・・・0点

CRP、ESRいずれかが異常・・・・・1点

(アメリカリウマチ学会・ヨーロッパリウマチ学会の
新関節リウマチ分類基準より)

お問い合わせ
電話・FAXでのお問い合わせ
 078-371-4193
受付時間 月〜水・金9:00〜18:00/土9:00〜15:00
メールでのお問い合わせ
お問い合わせフォーム
ご来店予約
電話・FAXでのお問い合わせ
 078-371-4193
受付時間 月〜水・金9:00〜18:00/土9:00〜15:00
オンラインでのご予約
ご予約フォーム