必須微量元素の重要性 ② -秋冬に牡蠣を食べるのは?-

20151110

 11月に入り、晩秋から初冬への季節の変わり目になりました。

朝夕の寒暖の差や気圧変動もあるためか、体調を崩されている方が多いです。

例年より、風邪・喘息・鼻アレルギー・血圧の変動・ヘルペス・胃腸障害・体のだるさが続くといった訴えがあります。

これから寒くなってくる季節。体調に気をつけて過ごしましょう。

 

11月23日は勤労感謝の日ですが、「牡蠣(カキ)の日」でもあります。

「牡蠣の日」は全国漁業協同組合が、栄養豊富な牡蠣を食べてもらって日ごろの仕事の疲れを癒してもらう主旨で制定されたそうです。

牡蠣の中には多くの天然ミネラルが含まれています。

 

今回は、前回に引き続き体の必須微量元素(ミネラル)のお話です。

牡蠣の中には、グリコーゲンが豊富でミネラルの亜鉛・銅・セレン・鉄などが他の食品に比べても明らかに豊富に含まれています。

また、ビタミンB群の栄養素も豊富です。

中でも亜鉛が多く含まれている為、体内の300を越える酵素の働きや合成を助けます。

特に、活性酸素を除去する酵素の働きを高めます。

体内で多く発生する活性酸素は、色々な病気の原因であり、体にたまると疲れを感じ疲労の原因物質と云われています。

これを除去する為には、

①活性酸素を消す事のできる酵素(SODやGPX)を増やす事。

②抗酸化食品(新鮮な野菜など)でビタミンC・ Eを摂取する事です。

 

牡蠣の中には亜鉛・銅・セレンが沢山入っていて、活性酸素を消す酵素(SODやGPX)の働きが高まります。

ビタミンC・ Eの2.4倍の抗酸化物質GC-7が入っている為、素晴らしい食品です。「海のミルク」ともいわれている牡蠣はアミノ酸組成に優れ、タウリンも多く含まれています。

タウリンは、胆汁酸の分泌・肝機能・消化作用を促進します。

これからのシーズン、しっかり牡蠣を補給して元気に寒い冬を迎えましょう。

 

*******************************************

神戸市中央区で漢方薬の相談薬局。
がん、アトピー、子宮内膜症、自己免疫疾患、リウマチなど

食養生も大切にしている『漢方薬局けんこう屋』
にお問い合わせ下さい。

http://www.e-kenkouya.com/【天寿を生き、心身ともに健やかな人生をあなたに・・・】

********************************************

お問い合わせ
電話・FAXでのお問い合わせ
 078-371-4193
受付時間 月〜水・金9:00〜18:00/土9:00〜15:00
メールでのお問い合わせ
お問い合わせフォーム
ご来店予約
電話・FAXでのお問い合わせ
 078-371-4193
受付時間 月〜水・金9:00〜18:00/土9:00〜15:00
オンラインでのご予約
ご予約フォーム