夏バテ・熱中症の多い季節

201587

7月末から台風の影響で、蒸し暑く真夏日・猛暑日が続いています。

今年は特に高齢者の熱中症患者が多く、病院へ搬送されているようです。

これからの季節、特に高齢者・乳幼児、ご病気のある方は注意が必要です。

 

夏バテは、なぜ起こるのでしょうか?

寝苦しくて夜眠れずに、慢性的な睡眠不足。室内外の気温差による自律神経の大きな乱れ。

夏は副交感神経優位ですが、クーラーなどで体を冷やし過ぎると交感神経優位に傾きます。

血液の流れが悪く、体温調節が上手く働かなくなります。そして冷蔵庫の冷たい物の取り過ぎで内臓は冷え切っています。

「冷蔵庫病とクーラー病」です。冷え症の方は要注意。

 

漢方では寒があたると書いて「中寒」といいます。

「体の色々な機能が低下、循環状態が悪くなって体を温める機能が弱くなるために慢性的に出てくる症候」です。

中寒の症状としては腸管免疫力が低下し、嘔吐、腹痛、下痢、しびれ、重だるさ、筋肉のけいれん、鼻水、ゼロゼロ喘鳴を伴う薄い痰などが出ます。

上手に対策を立てて、元気に夏を過ごしたいものです。

クーラー、扇風機を使い、冷たいビールに清涼飲料水、アイスキャンディー、冷やし中華に冷やしそうめんを食べる事は止むを得ない事ですが、毎日冷たい物で胃腸を冷やし過ぎると、腸管免疫が低下します。

内臓の温度が1℃低下すると、腸管免疫力が20~30%低下するとも言われています。

恩師・山本巖先生は、真夏の暑い日でもうちわで扇ぎ、熱いお茶を飲んでおられました。

 

以下の事を注意して、元気に夏を過ごしましょう。

1日1回お風呂にゆっくりつかって、グッスリ眠る。

クーラー使用時、就寝時、脚とお腹を冷やさない事。

冷たい物を飲食して、涼んだ後は少し暖かい飲み物や食べ物を摂取。

消化の良い良質のたんぱく質とビタミン・ミネラル補給。

 

*******************************************

神戸市中央区で漢方薬の相談薬局。がん、アトピー、子宮内膜症、自己免疫疾患、リウマチなど

食養生も大切にしている『漢方薬局けんこう屋』にお問い合わせ下さい。

http://www.e-kenkouya.com/

【天寿を生き、心身ともに健やかな人生をあなたに・・・】

********************************************

お問い合わせ
電話・FAXでのお問い合わせ
 078-371-4193
受付時間 月〜水・金9:00〜18:00/土9:00〜15:00
メールでのお問い合わせ
お問い合わせフォーム
ご来店予約
電話・FAXでのお問い合わせ
 078-371-4193
受付時間 月〜水・金9:00〜18:00/土9:00〜15:00
オンラインでのご予約
ご予約フォーム