自己免疫疾患について ① 自己免疫疾患とは

これから、自己免疫疾患について簡単に説明して行きます。

自己免疫疾患とは、免疫のくるいと考えられます。
免疫の低下と亢進(こうしん。病状が高ぶり進むこと)が合わされたものとも考えられます。

●免疫の狂い=低下+亢進

低下で起こってくる病気が風邪体質、ヘルペス、
肝炎、がん等です。

亢進で起こってくるものが、花粉症、喘息、アトピー
性皮膚炎です。

免疫力が低下して起こる病気は言い換えると、
白血球が眠っている状態とも言えます。

病原体との戦いである私たちの体ですが、
細菌で起こる病は

口内炎、膀胱炎、歯周病、肺炎、中耳炎、
結膜炎、結核、前立腺炎など。
自己免疫疾患は細菌・ウィルス感染が引き金で
起こってくることが多いです。

自己免疫疾患と呼ばれるには、

1.自己抗体が存在する。
2.標的臓器にリンパ球の浸潤がある。
3.特定のHLAと疾患が関係する。(遺伝性があること)
4.免疫抑制剤の効果がある。

では、自己免疫と自己免疫疾患とはどういう現象なのか
というと、自分自身の細胞や組織が老化すると自己免疫の
作用によって排除されます。その際に、自己抗体もできますが
それも排除してくれるのが、免疫細胞のT細胞です。

●老化 (細胞・組織)→→→排除→→→自己免疫 (正常な状態)

しかし、正常な細胞や組織が障害を受けるのが自己免疫疾患。

●正常細胞 (細胞・組織)→→→障害→→→自己免疫疾患 (病的な状態)

年を重ねると自己抗体も増加してきますが、処理できる免疫力が
あれば自己免疫疾患は発症しません。

 

 

 

 

お問い合わせ
電話・FAXでのお問い合わせ
 078-371-4193
受付時間 月〜水・金9:00〜18:00/土9:00〜15:00
メールでのお問い合わせ
お問い合わせフォーム
ご来店予約
電話・FAXでのお問い合わせ
 078-371-4193
受付時間 月〜水・金9:00〜18:00/土9:00〜15:00
オンラインでのご予約
ご予約フォーム