自己免疫疾患について ③ 発症原因と治療

自己免疫疾患の発症のしくみ

原因はまず
1.遺伝 (体質)
2.感染 (細菌・ウィルス)
3.女性ホルモン
4.ストレス

この上記4つが大きく関与していると考えられます。

     ↓
     ↓
     ↓

    免疫異常 →→→ 自己抗体の産生 (免疫抑制剤 ステロイド)

     ↓           ↓   
     ↓           ↓
     ↓           ↓
     ↓           ↓

         病態形成  (生物学的製剤)

 

以上の流れにより、免疫抑制剤・ステロイドや生物学的製剤が使用されています。

治療戦略は、
①感染の抑制

②自己抗体産生の抑制

③炎症の抑制

感染とストレスを取り、自己抗体産生を減少させると病態形成はしにくくなる
と考えられます。

「HLAと疾患との関係」についてこんな報告があります。
西村泰治、病理と臨床16(5);581(1998)

 疾病

   HLA 患者陽性率%  

  健康対照群陽性率% 

 相対危険度%
 強直性脊髄炎  B27        85      1.5    208 

 ベーチェット病

  B5

    57    

     14

  3.3

インスリン依存型糖尿病

   DR4           68   39      3.4

 関節リウマチ

 DR4  71  41  3.3

全身性エリテマ

 DR2  32  14  2.9

多発性硬化症

 DR2  36  14  3.4

重症筋無力症

 DR9  86  27  16.4

 

 

お問い合わせ
電話・FAXでのお問い合わせ
 078-371-4193
受付時間 月〜水・金9:00〜18:00/土9:00〜15:00
メールでのお問い合わせ
お問い合わせフォーム
ご来店予約
電話・FAXでのお問い合わせ
 078-371-4193
受付時間 月〜水・金9:00〜18:00/土9:00〜15:00
オンラインでのご予約
ご予約フォーム