夏バテ、3つの予防対策

長かった梅雨が明け、厳しい暑さになりました。

特に今年の梅雨は、蒸し暑いかと思えば肌寒くなるなど、気温も天候も変動が大きかったです。

そのため、自律神経系に負担がかかっており、多くの人が例年より夏バテになりやすくなっていますから、要注意です。

 

夏バテとは、日本の高温多湿で不快な夏のストレスによって発生する自律神経失調状態(自律神経系の乱れによって起こる症状)であることが非常に多いのです。

自律神経系が酷使されて疲れ果ててしまう夏バテの症状は、

猛暑の時期に食欲が低下して寝苦しくなり、

体が重だるくなって気力や体力が落ちる状態となって現れます。 

 

自律神経系は交感神経と副交感神経に分かれ、双方が絶妙なバランスで切り替わりながら常に体の内部環境を一定にするように働いています。

日中には交感神経が優位となり、血圧や脈拍を上げ、胃腸の動きを減らして筋肉を緊張させ体を活動状態にします。

日が暮れて夜になると副交感神経が優位となり、血圧や脈拍を下げて筋肉をゆるめて体をリラックス状態にしつつ、胃腸の動きを高め食物の消化吸収を促します。 

 

また自律神経系は気温の変化に応じて、血流や発汗を調節して、体温を一定に保つ働きも行っています。

暑いときは体の表面に近い細い血管を大きく拡張させて血流を増やしたり発汗させたりすることで、体内の熱を体外へ逃がして体温が上がらないように調節します。

逆に、寒いときには血管を縮めて血流を減らすことで、できるだけ熱が体外へ逃げないように調節します。

この自律神経系は、外界の変化に上手に適応させながら体内環境を一定に保つために日夜不休で頑張ってくれている神経系です。

今回は、夏バテを予防するための3つの予防対策をお勧めします。

「激しい運動・仕事は控えめにして、睡眠をしっかり十分にとる」

激しい運動や仕事は、交感神経を強く緊張させます。
早寝早起きを心がけて、睡眠をたっぷり取るようにして下さい。

「動物性たんぱく質、ビタミン、ミネラルを不足させない」
冷たくて口当たりの良い飲み物やそうめん、冷奴などばかりでなくて、良質の鶏肉豚肉などのタンパク質や魚貝、海藻類もしっかり食べましょう。

 
「体の冷えを予防し、外界との温度差に注意する。」
冷蔵庫の冷たい物の摂り過ぎとクーラーで体を冷やし過ぎに注意します。
胃腸を冷やすと、免疫細胞のリンパ球活性が落ちて免疫力が下がります。
風邪やコロナウイルスのリスクも高まりますので、冷やし過ぎは要注意です。 

 

マスクが欠かせずさらに暑い夏になりそうですが、体調に気をつけて元気に夏を乗り越えましょう。

お問い合わせ
電話・FAXでのお問い合わせ
 078-371-4193
受付時間 月〜水・金9:00〜18:00/土9:00〜15:00
メールでのお問い合わせ
お問い合わせフォーム
ご来店予約
電話・FAXでのお問い合わせ
 078-371-4193
受付時間 月〜水・金9:00〜18:00/土9:00〜15:00
オンラインでのご予約
ご予約フォーム