夏バテ予防にお腹を温めて免疫アップ

連日猛暑が続きエアコン、扇風機を使用し、冷たい飲食物を摂取されている方も多いと思います。

外で仕事をされている方、スポーツをされている方は熱中症対策で、体を冷やす事はとても大切。

しかし1日中冷房の部屋で仕事し、お昼は冷たい素麺や冷やし中華、夜もクーラーの部屋で、冷たいビールやアイスを食べ過ぎて胃腸の冷えきっている方も多いです。

私たちは海水浴の後、冷たいジュースやビールを飲んだり氷を食べます。

昔は泳いだ後、生姜(ショウガ)汁の入った温かい飴湯(アメユ)を飲んで 冷えたおなかを温めました。

腹巻をして寝るようにといわれた人もいると思います。

夏場に赤痢・コレラ・腸チフスなどに罹ってお腹を壊し、倒れた人も多かったからでしょう。

 

「お腹を冷やすな」と昔の人は言いました。

これは、現代医学的に見ても理にかなった事です。

腸管での免疫のしくみを簡単にお話すると、 免疫とは異物の侵入を阻止し、自己と非自己を見分け、異物を排除する しくみです。

体にとって必要な食物、栄養素は吸収し、害になる細菌・ウィルスは腸管 粘膜のバリアが働き、吸収されず排除されます。

この免疫の働きが上手く、働かなくなると食中毒・消化性潰瘍・大腸ポリープ などの病気の危険が増加し、風邪、ウィルスや細菌性の疾患にも罹りやすく なります。

第二の脳と呼ばれる腸は、とても賢く大切な臓器。

腸は免疫を担う白血球の一種リンパ球が約60%存在し、体内最大の免疫機構と呼ばれています。

この免疫の仕組みを維持しているのが、腸内細菌です。

免疫を活性化する腸内細菌と、抑制する腸内細菌があり、両者のバランスが保たれていると腸管免疫は正常に働きます。

この腸内細菌、免疫細胞の活性化の為にも、お腹を冷やさないようにする事は重要です。

———————————————————————-

●●腸管免疫の活性方法

1. 規則正しい食事。

2. 睡眠をしっかり取る。

3. お腹を冷やさない。

4. 適度な運動。

★腸内細菌に良い食品は、 キノコ、海藻、野菜、玄米など精製されていない穀物 発酵食品(納豆、みそ、糠漬け、ヨーグルト、植物酵素)

———————————————————————-

夏に冷やし過ぎた体・胃腸をたまには温めてあげましょう。

汗をかきながらのお鍋も良いですね。

9月からの夏バテ予防になります。

 

*******************************************

神戸市中央区で漢方薬の相談薬局。

がん、アトピー、子宮内膜症、自己免疫疾患、リウマチなど

食養生も大切にしている 『漢方薬局けんこう屋』にお問い合わせ下さい。

http://www.e-kenkouya.com/

【天寿を生き、心身ともに健やかな人生をあなたに・・・】

********************************************

お問い合わせ
電話・FAXでのお問い合わせ
 078-371-4193
受付時間 月〜水・金9:00〜18:00/土9:00〜15:00
メールでのお問い合わせ
お問い合わせフォーム
ご来店予約
電話・FAXでのお問い合わせ
 078-371-4193
受付時間 月〜水・金9:00〜18:00/土9:00〜15:00
オンラインでのご予約
ご予約フォーム