梅雨の季節に注意 -足のむくみと重だるさ-

201578

湿度の高い毎日が続いています。この季節は足がむくみ、重だるく感じる方が多い季節です。

漢方でいう「水毒」の方が多く、体に湿・水滞があるために、むくみや重だるさが出てきます。

これは、気候変動と体質によって起こります。

どんな症状が出るかというと

①低気圧が近づき湿度の高い時に、腫れ・むくみが悪化する。

②体が重く、動作が鈍くなり、俊敏に動けず、つまづきやすい。立ったり、坐ったりする時に

「よっこらしょ」、「どっこいしょ」という言葉がつい出てしまう。

③発熱があっても、熱は高くならず、午後に上昇する傾向。

④クーラーは好きだが、すぐに冷えて寒がり。

⑤しびれを起こしやすい。

⑥尿量は少ない。

 

気圧が下がると、血液の循環も低下。湿度が上がると、皮膚からの水分が蒸発しにくくなりむくみが増します。

温度や湿度の変動が大きいと自律神経も乱れやすく、代謝や排泄機能も落ちます。

これによって体が重だるくなり、むくみが出ます。

 

このような方にお薦めは、

  • 普段から少しずつ汗を出す事。
  • スポーツ、サウナや岩盤浴、自宅のぬるめのお風呂にゆっくり浸かって汗を出す事。
  • 水毒体質を少しでも改善するために、甘い物、果物、お酒を控える事です。

 

これからの季節はクーラー・扇風機による冷えで、特に下半身の血液循環も悪くなります。

デスクワークの方は特に、足を冷やさないようにして下さい。

足の筋肉(太もも・ふくらはぎ・足底足指)の筋肉ポンプを上手く機能させ、血管やリンパ管の循環改善のために、太ももまであるストッキングや靴下で、筋肉ポンプ作用をサポートすることも良い事です。

それでも改善しない時は、漢方薬が有効です。お困りの方は、ご相談下さい。

*******************************************

神戸市中央区で漢方薬の相談薬局。がん、アトピー、子宮内膜症、自己免疫疾患、リウマチなど

食養生も大切にしている『漢方薬局けんこう屋』にお問い合わせ下さい。

TOP

【天寿を生き、心身ともに健やかな人生をあなたに・・・】

********************************************

お問い合わせ
電話・FAXでのお問い合わせ
 078-371-4193
受付時間 月〜水・金9:00〜18:00/土9:00〜15:00
メールでのお問い合わせ
お問い合わせフォーム
ご来店予約
電話・FAXでのお問い合わせ
 078-371-4193
受付時間 月〜水・金9:00〜18:00/土9:00〜15:00
オンラインでのご予約
ご予約フォーム