インフルエンザ流行の季節 -ワクチンが効かない人も-

20141114

2014年も残り少なくなりました。

インフルエンザの流行が昨年より3週間早く始まったという厚生労働省ニュースが発表されました。

過去10年間でみても2番目の早さだそうです。

今季はA香港型の感染者が多く「高齢者はワクチンが効きにくい可能性がある」と専門家は注意を呼びかけています。

以前にもお話しましたが、ワクチンはインフルエンザウイルスを直接殺すものではありません。

インフルエンザウイルスには、表面上にタンパク質(HAヘマグルニチン)があります。

このHAたんぱく質を有精卵の中で培養し、生成されたものがワクチンです。

ワクチンを体に接種するだけでは、ウイルス感染したら病気は発症します。

 

私たちの体の中では、ワクチンが体内へ→ 免疫系が働き→異物として認識して抗体を作る。

この抗体がしっかりと出来あがった人は、もしウイルス感染を起こしてもウイルスを中和してくれます。

しかしワクチン注射をしても、しっかりとウイルス抗体を作れる人は全体の6~7割。

後の3~4割の人は十分な抗体を作れていないと言われています。

高齢者、免疫力の弱い人は、抗体をしっかり作れないのです。

免疫力が弱いと、抗体を作る力も衰えます。

だからワクチンを接種しても、毎年インフルエンザにかかる人がいるのです。

またワクチン接種後、抗体ができるまで3週間~4週間ぐらいかかります。

流行し始めてから病院へ行って接種してもすぐに抗体はできません。

流行前の早めの接種が有効です。

子供は2回目を打たないと効果が低く、6か月未満の赤ちゃんは接種できないので、家庭内で特に注意が必要です。

 

●●風邪・インフルエンザの3大養生法●●

①休養・・・ しっかり睡眠をとりましょう。

②保温・保湿・・・ 室温は20~25℃ 湿度60%前後に保ちましょう。

③栄養・・・胃腸にやさしく、消化の良いビタミン・タンパク質の豊富な食事をとりましょう。

毎年インフルエンザにかかる人、風邪をひきやすい方は、普段から自分の免疫力をアップさせることが大切です。

自然免疫を活性化する漢方薬などを服用してマクロファージの異物認識力を高め、ヘルパーT細胞の活性を高めれば、抗体産生能力も高まります。

是非ご相談下さい。

*******************************************

神戸市中央区で漢方薬の相談薬局。がん、アトピー、子宮内膜症、自己免疫疾患、リウマチなど

食養生も大切にしている『漢方薬局けんこう屋』にお問い合わせ下さい。

TOP

【天寿を生き、心身ともに健やかな人生をあなたに・・・】

********************************************

お問い合わせ
電話・FAXでのお問い合わせ
 078-371-4193
受付時間 月〜水・金9:00〜18:00/土9:00〜15:00
メールでのお問い合わせ
お問い合わせフォーム
ご来店予約
電話・FAXでのお問い合わせ
 078-371-4193
受付時間 月〜水・金9:00〜18:00/土9:00〜15:00
オンラインでのご予約
ご予約フォーム