発熱などの不快症状と「体の自然治癒能力」 -対処療法の前に-

2016114

急激に寒くなって、風邪をひいている方が多いこの頃です。
気温変動が大きいこの季節、どうぞお大事にお過し下さい。
病気になると、色々と辛い症状が起ってきます。

医者も患者も、その辛い症状を取る事を第一に考えて治療が
始まります。
しかし、その症状の意味を深く考える必要があると、
新潟大学名誉教授の安保徹先生は次のように言われています。

『からだを休めたり、睡眠に入ったり、消化管の働きを支えて
いるのが、リラックスの体調をつくる副交感神経の作用です。
また、分泌現象を支配しているのも副交感神経です。
おだやかに副交感神経が働いた時には体調もおだやかで平和な
世界です。問題になるのは強いストレスにさらされた時です。

交感神経反応や顆粒球(白血球の一種)増多がおこり血流は抑制され、
時には組織破壊も伴います。この後で、急激な副交感神経反射が
誘発されます。おだやかな体調をつくる副交感神経もつらい症状を
つくります。

アセチルコリン、プロスタグランジン、ヒスタミンなど体に備わる
成分の作用で、腫れ・発熱・痛み・下痢・ショックなどをもたらします。
どれも辛い症状ですが、
血流を増やしたり、毒を出したり、さらなる危険から身を守る反応です。
こういう意味を知らないと病気を治す事ができません。』

なるほどそう考えると、体の不快な症状である腫れ・発熱・痛みは、
自然治癒反応の流れだと理解できます。

熱や痛みがあったら、すぐに消炎鎮痛剤・ステロイド・免疫抑制剤を
使用し続けると病気は治る機会を失います。
不快な症状は、からだの失敗で起こっているのではない事、体が自分で
治そうとしている反応である事を知っておくことは大切です。

自然治癒力を高めるために血流をよくしたり、排毒したり、体を温めたり
できる漢方薬は自然に沿った治療薬であることも分かります。

*******************************************
神戸市中央区で漢方薬の相談薬局。
がん、アトピー、子宮内膜症、自己免疫疾患、
リウマチなど食養生も大切にしている

『漢方薬局けんこう屋』にお問い合わせ下さい。

TOP

【天寿を生き、心身ともに健やかな人生をあなたに・・・】
********************************************

お問い合わせ
電話・FAXでのお問い合わせ
 078-371-4193
受付時間 月〜水・金9:00〜18:00/土9:00〜15:00
メールでのお問い合わせ
お問い合わせフォーム
ご来店予約
電話・FAXでのお問い合わせ
 078-371-4193
受付時間 月〜水・金9:00〜18:00/土9:00〜15:00
オンラインでのご予約
ご予約フォーム