免疫機能に及ぼす笑いのチカラ - 怒ると老化が進む!? –

 

6月に入りましたが、緊急事態宣言も再延長になり、日本中にすっきりしないムードが依然として漂っています。
こんな時こそ、明るい話題が必要だと思います。

皆様は、「日本笑い学会」というのがあるのをご存知でしょうか?

副会長の医師の昇幹夫(のぼりみきお)さんという方のお話です。

 

人の体は、「自律神経内分泌系免疫系」で調節されていることは有名です。

ガンをはじめ、多くの生活習慣病交感神経過剰緊張が原因と考えられています。

交感神経が高まるとコルチコステロイドというホルモンが過剰に分泌され、免疫の力は落ちて行きます。
治療はこの過剰な交感神経の緊張を解くことが必要と言われています。

副交感神経が優位の心と体を緩めたリラックスした状態にすることがポイントです。

 

癌になりやすい職業別ランキング

癌になりやすい職業別ランキングのデータがあります。

1位 マスコミ関係、放送・新聞出版関係

2位 交通機関の乗務員、タクシー運転手など

3位 金融機関の職員、銀行、信金、証券の管理職

4位 商社マン営業職

5位 生産工場の管理職

という順番になっています。

時間やお金の管理、人の管理をすることによって、神経をすり減らして働いておられる方がランクキングに入っていますね。

 

笑いが病気に与える影響

「笑う門には福来る」という言葉が昔からあります。

この日本笑い学会では色々な病気に、「笑い」がどれぐらいの影響を及ぼすかを研究されています。

  • 落語を聞かせてリュウマチの症状や血液データがどれくらい改善するのか
  • 吉本新喜劇の観賞でがん患者の免疫細胞NK細胞の活性は上がるのか
  • 笑いの生活で血糖値が改善するか

 

研究の結果、笑いが病気改善にとても効果があるという結果が出ています。

 

免疫力を上げるためには

このコロナの時代に笑いなんてと思いますが、辛い思い、苦しい思いをずっと抱いていると色々な病気を引き起こします。

また免疫力が下がり感染症にもかかりやすくなります。

1. 笑うこと

2. 泣くこと (涙を流すと副交感神経が活性化します。)

3. 人に話を聞いてもらうこと

4. お化粧すること

5. 楽しく歌うこと

6. 良い睡眠を十分取ること

7. 冷たいものを食べない、体を冷やさないこと(冷やすと免疫の活性が下がります。)

8. 祈ること

つまり日々の生活で心地いいと感じることをすることが大切と言われています。

この8つを実行し、この辛い時代を乗り越えていきたいものです。

 

そして、人に対して怒ることがあっても、「許し」、「忘れる」ことが一番です。

「絶対許せない」と思うと眠れなくなり、自分の老化を早めます。

怒った相手のせいで自分の老化が進むなんてバカらしいですよね。

ちなみに、私が大笑いしてしまうのは、サンドイッチマンとバナナマンです。

一緒に笑いませんか!

お問い合わせ
電話・FAXでのお問い合わせ
 078-371-4193
受付時間 月〜水・金9:00〜18:00/土9:00〜15:00
メールでのお問い合わせ
お問い合わせフォーム
ご来店予約
電話・FAXでのお問い合わせ
 078-371-4193
受付時間 月〜水・金9:00〜18:00/土9:00〜15:00
オンラインでのご予約
ご予約フォーム