漢方薬の驚異 第57回 小柴胡湯(しょうさいことう) その2

10月末とは思えないような寒波が来たと思ったら
週末は、台風が来ました。
異常気象が続いていますが、皆様体調に気をつけてお過ごし下さい。

今回も和解剤の中でも代表的漢方薬、小柴胡湯についてです。

小柴胡湯の応用方法をお伝えしたいと思います。

1.胸脇苦満(きょうきょうくまん)、2.往来寒熱(おうらいかんねつ)
に使用する漢方薬とされていますが、
その他に、色々と応用される漢方薬です。

抗生物質が効かないウィルス性の感染症や炎症治まった後、
再び熱を出した時、

長い間、風邪をひいて治らない時、

発熱と同時に嘔吐がある時、

月経中の風邪に、

抗生物質で胃腸障害がある時などに応用されます。

小柴胡湯の使い方は、薬能を理解すれば下記疾患に応用できる事が
分かります。

1.熱性疾患に応用

2.向精神薬としての小柴胡湯

3.皮膚科に応用

4.胃薬としての小柴胡湯

5.鎮咳去痰の方剤として

前回第56回メルマガでお知らせした薬能を参考にして下さい。

柴胡+黄ごん・・・・・炎症に使用する消炎解熱剤

黄ごん+半夏・・・・・胃の炎症

半夏・・・・・・・・・ 止嘔、鎮咳去痰、胃・気管支カタル、鎮咳・鎮嘔・
制吐作用あり

半夏+生姜+人参+甘草+大そう・・・・胃薬

柴胡+甘草+大棗・・・・向精神薬

以前多くの慢性肝炎患者に使用されて、副作用が大きな社会問題になりました。
急性肝炎、慢性肝炎には、症状に合わせて生薬の加減が必要です。

現在、小柴胡湯とインターフェロン製剤の併用は禁忌となっています。
間質性肺炎を発症するケースがあります。
(100万人あたり88人として0.00088%の発症率) 注意が必要です。

お問い合わせ
電話・FAXでのお問い合わせ
 078-371-4193
受付時間 月〜水・金9:00〜18:00/土9:00〜15:00
メールでのお問い合わせ
お問い合わせフォーム
ご来店予約
電話・FAXでのお問い合わせ
 078-371-4193
受付時間 月〜水・金9:00〜18:00/土9:00〜15:00
オンラインでのご予約
ご予約フォーム