漢方薬の驚異 第79回 臓腑の中寒 その1

8月も終わりになりました。
昨日、群馬県・館林では気温が37.9℃になり全国的に
猛暑が続いています。
先日は、お店の前で熱中症で倒れられた若い女性が
いました。店内での救急処置と病院へ救急搬送されて、
元気になられました。

体調の悪い日は、日中出歩く事も控えめにする方が
良いですね。
水分補給と帽子の着用などの注意も必要です。

前回の続きで、今回は臓腑の中寒です。

臓腑の中寒とは食べ物、飲み物で胃袋が直接冷やされ
足が冷えて、冷えた血がお腹にもどり、内部冷却した
状態です。

代表処方は、人参湯です。
●構成生薬
人参・白朮・乾姜・甘草

症状としては、腹痛・下痢・嘔吐があり口渇なく尿量も
多い人です。

基本処方は、甘草乾姜湯に人参+白朮

人参は、補気ではなく心窩部の疼痛を取るために
入っています。
鴨溏(おうとう)といって、水鳥のフンのような
ベタベタした少量頻回の便が出るときにも使われます。

冷えが強くて、痛みや下痢が強いときは附子を加えて、
附子理中湯として運用されます。

お問い合わせ
電話・FAXでのお問い合わせ
 078-371-4193
受付時間 月〜水・金9:00〜18:00/土9:00〜15:00
メールでのお問い合わせ
お問い合わせフォーム
ご来店予約
電話・FAXでのお問い合わせ
 078-371-4193
受付時間 月〜水・金9:00〜18:00/土9:00〜15:00
オンラインでのご予約
ご予約フォーム