漢方薬の驚異 第88回 体の浮腫

今年は空梅雨でしたが、6月中旬から雨が多く
湿度が上昇しています。
湿気の多い毎日、体に余分な浮腫のある方は
とても重だるい季節と思います。

前回の苓姜朮甘湯 (りょうきょうじゅつかんとう)
の利用方法についてお話します。

この処方は、主に下半身の浮腫と寒冷時の痛み・
重だるさに用いるのを特徴としています。

いったい体の浮腫によって、どのような症状が
出るのでしょう?

●皮膚に浮腫・・・しびれ

●筋肉に水貯留・・・重だるさ、こむら返り

●動作・・・機敏に動けなくなる。つまづき易い。
(電気のコードや、少しの段差でつまづく)

●冷え・・・外気によって、すぐに冷えやすくなる。

苓姜朮甘湯 (りょうきょうじゅつかんとう)
構成生薬(甘草 乾姜 茯苓 白朮)

甘草・乾姜は、冷えに対応。

茯苓・白朮は、浮腫の利水に対応。

この6月、7月上旬の梅雨明けまでの季節は、
苓姜朮甘湯を利用できる季節だと思います。

前回も書きましたが、

●●適応症としては、

1.冷え性

2.坐骨神経痛

3.夜尿症

4.白色帯下

5.下肢及び全身浮腫

尿量が増えて、体が軽くなり大変喜ばれる処方です。

□注意・免責事項

◎体の状態は個人によって異なっています。現在治療中の方は
かかりつけの主治医と相談をしてください。
◎ご自分の責任の範囲でご利用ください。記載内容を利用し
生じた結果について、当方では責任がとれませんのでご了承
ください。
□■□■□■□■□■□■□■□■□■
発行元 漢方薬局けんこう屋
HP http://www.e-kenkouya.com/
E-mail info@e-kenkouya.com
□■□■□■□■□■□■□■□■□■

お問い合わせ
電話・FAXでのお問い合わせ
 078-371-4193
受付時間 月〜水・金9:00〜18:00/土9:00〜15:00
メールでのお問い合わせ
お問い合わせフォーム
ご来店予約
電話・FAXでのお問い合わせ
 078-371-4193
受付時間 月〜水・金9:00〜18:00/土9:00〜15:00
オンラインでのご予約
ご予約フォーム