漢方薬の驚異 第94回 お血(おけつ)とは?-1-

今年も残り少なくなりました。
年末年始は、冷え込むようですので
皆様、風邪をひかないように
お過ごし下さい。

今回より「お血(おけつ)」について解説します。

お血とは、漢方治療の中でも特に重要な
漢方の概念で、西洋医学の病態把握にない、
独特の捉え方です。

私の恩師・山本巖先生は、難治性疾患には必ず
「お血」という病態を考えられました。

●「治らない病はお血を考えよ。難治性の病、
慢性疾患のほとんど総てにお血が咬んでからみ
あっている。治らない病、ことに女性はお血の
存在に注意せよ。
だが、お血が単独に存在することは少ない。」

先生の師匠 漢方舎・中島紀一先生も、
日常診療の中の難治性疾患に対して
「血証(お血)を改善する事」を大変重要視された。

●「諸悪は血だ。病、百のうち百まで血で解決する。
血というものを重視せよ・・・」

現代医学的にみると微小循環不全の状態が
もっともお血に近い病態と考えられています。

大きく捉えると静脈系のうっ血で、動脈系の
うっ血は寒証による血行不良が関与してくると
考えられています。
また、炎症性の充血は熱証に相当しますが、
動脈側の血行の亢進にもかかわらず静脈側の
うっ血が生じる。これも、お血と考えられます。

山本先生はお血に関して、
●「古人がつくった臨床的仮説で、近代医学の
眼が捉える血液の停滞現象との間には大きな
距離がある。」

●「お血とは駆お血剤を与えると改善される
病態である。」

という名言を残されました。

□注意・免責事項

◎体の状態は個人によって異なっています。
現在治療中の方はかかりつけの主治医と
相談をしてください。
◎ご自分の責任の範囲でご利用ください。
記載内容を利用し生じた結果について、
当方では責任がとれませんのでご了承
ください。

□■□■□■□■□■□■□■□■□■
発行元 漢方薬局けんこう屋
HP http://www.e-kenkouya.com/
E-mail info@e-kenkouya.com
□■□■□■□■□■□■□■□■□■

お問い合わせ
電話・FAXでのお問い合わせ
 078-371-4193
受付時間 月〜水・金9:00〜18:00/土9:00〜15:00
メールでのお問い合わせ
お問い合わせフォーム
ご来店予約
電話・FAXでのお問い合わせ
 078-371-4193
受付時間 月〜水・金9:00〜18:00/土9:00〜15:00
オンラインでのご予約
ご予約フォーム